アニメ・コミック

2009年10月17日 (土)

エリートあなごさん

久しぶりに管理職の監視からのがれて楽しむ、
若者だけのランチタイム。

1時から健康診断、なんてことはすっかり忘れて、
私たちはとめどなく、実のない会話を繰り広げていた。

女だらけの三国志のアニメ(真夜中放送)が
やたら面白いとかなんとか、そんなところから
話が迷走していったのは覚えてるんだが、
どうしてそんな所に話が迷い込んでいったのか、
まったくもって覚えていないのだが。

「そういえばあなごさんって、27歳だって聞いたんですけど」

と、若者は急に話をサザエさんにシフトしたのだった。

いままで全く統制のとれていなかったみんなの会話が、
いったんピタッと止まって、その会話に集中し始める。

・・・あたりまえだ。

だってよく考えてもらいたい。

あなごさんっていうのは、あれだ。
マスオさんのお友達の、奥さんがおっかない、
そして何より、いか●やみたいな顔した・・・
どう見たって40代にしか見えない。。。

まぁ、そんな感じだ。

あんな唇しといて、に、27歳?

27歳ってことは、言いたくないけども、
絶対言いたくないけども、アラサーの私より。。。。。。。。
・・・・・・・と、年、年下、、、ってこと、よね?

あんな唇しといて、私より、年下だなんて。。

にわかに信じられないまま、みんなのサザエさん談義を
拝聴してはいるのだが、頭の中はあなごさんのお年のことで
頭いっぱいである。

た、確かに、サザエさんのお年頃(23歳だっけ?)から
すると、マスオさんは20代後半とか、行っても32,3で
あるからにして、「アナゴ君!」というマスオさんの呼びかけ方と、
マスオさんと気兼ねなく屋台に出かけて行くあなごさんの
態度から考えて、マスオさんと同程度の年である、ということは、
冷静に考えれば、まぁうなずけなくもない。

でも、それでも、あの顔だち、あの唇をもってすると、
そんな常識的な理論はどっかに吹っ飛んで行ってしまうのだが、
これは、女のエゴだ、わがままだ、ってことに
なってしまうというのか。

そんなとき、またもや若者がつぶやいた。
(話はいつの間にかまたあなごさんに戻ってきていた)

「しかも、あなごさんって、係長なんですよね?」

疑問形で言われても、私もそんな話初めてなので、
真偽は分からないんだけど、どこかで聞いたことあるってことは
そうなんでしょう。

確かに、顔立ちと唇からして、係長っぽい貫禄を備えているので、
年を聞く前であれば、「あ、そうなの。」と素通りしかねない
情報ではある。

しかしながら。

この2つを足し算すると、話はなんだかおかしな方向に向かって
行く。

ってことはさ。
「あなごさんは27歳係長ってこと?」

ま、まぁそういうことになるよね。
と、みんな「理解はするけど納得はできない」
顔でうなずく。
いや、うなずくしかない。

と、納得できずにまだ頭の中で何かをもやもや考えていた
私は、ふと気付く。

「そういえば、マスオさんとあなごさんの会社って、
商社じゃなかったでしたっけ?」

思い出した。
2人の通う会社は、「海山商事」っていう商社である。

整理するとだね。
商社で27歳で係長ってことは・・・

エリート!?

そうなのだ。
うちらのたわいもない会話の中から発見された
あなごさんの真実。

それは、あんな顔立ちとあんな唇からは想像も
つかない、若手の期待株、つまりはエリートの
方だということ。

そこから、私の妄想は無駄に膨らんでゆく。

商社でエリートと来れば、肩書きだけなら合コンに
ひっぱりだこ
である。
(本人はゴルフと屋台ばっかり行ってるかも
しれないが)

友人)「土曜日合コンなんだけどどう?」
私) 「あ、空いてるけど・・・相手はどういう人?」
友人)「年は27歳くらいなんだけど、商社の営業で
    係長やってるんだって」

こういう会話の流れであれば、間違いなく、
参加してしまうじゃないか!
やる気満々で。

そうして合コン当日、わかりやすくブーツとか履いて
出かけた私は、間違いなく目を剥くだろう。

こ、こいつが商社の、
27歳係長????
と。
(本人は当日やたら派手なネクタイとかつけて
来るのかもしれないが)

こわいね。
肩書きってこわいね。
肩書にはだまされちゃいけないんだね。

と、無駄におびえる私。
そんな私を不審な顔で見つめる諸先輩方と
若者たち。

・・・あ、またやってしまった。
また無駄に妄想をふくらませすぎてしまった。

そんなとき、まるでタイミングを見計らったかのように、
午後の始業のチャイムが鳴り、私はすごすごと
健康診断に向かうのだった。

肩書きだけに惑わされるのはよくないよくない、
と、この期に及んでまだ心の中で呟きながら。

あーあ。今日も実のない会話であったなぁ。

無料ブログはココログ

ribbon

twitter

Booklog

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31