« おひとり様映画館再開~八日目の蝉~ | トップページ

2011年6月 9日 (木)

3姉妹と、親の願い

昔、私がまだ小さかった頃、父がお土産で買ってきたのは
3膳の箸。

そこにはそれぞれ願い事が書かれていて、
父は何の迷いもなく、それを3姉妹に振り分けた。

私に割り振られたのは
「頭がよくなりますように」

真ん中は「足がはやくなりますように」

そして一番下の妹には、
「かわいいお嫁さんになれますように」

思えば、このころから、うちの姉妹は役割分担を
してきたのだった。

私は勉強に励み、真ん中はスポーティで、
そして一番下はみんなにかわいがられる担当。

母親は、どうして同じ環境で育ってこんなに性格が
違うのか
と不思議がっていたが、私は昔から知っていた。
それは、君ら親の願いなのだと。

元来、私たち3人は似ている、と私は思っている。
気が強くて、のめり込むとなかなかやめられなくて、
そして、親の期待にはこたえようとする

のめり込んだものは、3人とも音楽で、姉のあとを
追ってみんなでピアノを習い、吹奏楽部に入って、
3年ではやめられずに6年やった。

そして、親の期待。

父親の「願い事箸」のとおり、私は東京で頭を使う仕事(?)、
真ん中は田舎で体力を使う仕事。

そして、一番下は・・・
この前結婚式を挙げた。

親は、なんだか順番が違うような。。。とか、
まだ早いんじゃないか。。。とかいろいろ言っており、
私だっていろいろ思うところはあるけども、なにしろ
これが、親の望んだことなんだからいいじゃないか。

妹が、彼と家族のために得意な歌を披露したあとで、
苦手だった作文を一生懸命読んでいる中、周りは
ぐしゅぐしゅと泣いており、私もやっぱりちょっと
泣いたけど、こんなことを考えていたのだった。

しかしながら、どうやら親が子供に求めることというのは、
1つづつではないのだそうで。

あれだけ「頭がよくなりますように」と願っていたはずの
親は、同時に「お嫁さん」にもなってほしいのだそうな。

親の期待に応えていくのって、大変だ。

« おひとり様映画館再開~八日目の蝉~ | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3姉妹と、親の願い:

« おひとり様映画館再開~八日目の蝉~ | トップページ

無料ブログはココログ

ribbon

twitter

Booklog

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31