« ドラクエと、バスケ合宿。 | トップページ | ドラクエで省みる仕事のやり方 »

2009年7月26日 (日)

久方ぶり映画三昧

バスケ合宿翌日の朝8時30分。

本来なら日本国民としてはもれなく海に出かける
はずの休日であるが、昨日山奥から都会に
帰って来たばかりの私は、コンクリートジャングルの
新宿をひた走り、とあるビルに駆け込んだ。

人ごみをかき分けてエレベータに乗り、向かった先は、
映画館

一昨日から昨日の午前中まではバスケ合宿
そのあととんぼ返りして友達の2次会、という
ハードスケジュールの上に、3連休の最終日は
朝から映画鑑賞と相成ったこの日。

朝の映画は、私のたっての希望により、
剣岳~点の記~

若干平均年齢が高いと思われるシアターは、
年齢のせいなのか、朝8:40だというのに満席。

それにしても、私は映画が始まった直後、
予告編で大きな間違いをしていたことに気づいた。

この映画のメインキャストといえば、浅野忠信と
仲村トオルであり、私はこの渋面たちが連れ立って
剣岳の頂上を目指すのかと思っていたのだ。

しかし、実際のところは、

浅野忠信率いる、日本古来のやり方で、
日本陸軍の誇りをかけて前代未聞の登頂に挑む、
“やる気があればなんでもできる派”
の、陸軍陸地測量部と、

仲村トオル率いる、エウロパの最新登山様式を
取り入れ、西洋風おされ様式で登頂に挑む、
“西洋かぶれテクニック偏重派”
日本山岳会

初登頂対決の様を描いた映画であったのだ。

だから、荷物たくさん持って、汗水たらしてひぃひぃ
山を登る浅野軍団の前に、奴らは涼しい顔して
現れるのだ。
スウェーデンから持ち帰ってきたクッキーのカンカン
など持って、「お一つどうですか?」とか言いながら。

景色は、苦労しただけあって、期待を裏切らない
素晴らしいものである。
特に、山育ちの私には、久し振りの美しい雪山は、
何とも落ち着く光景であった。

だけども、お話は、構造が分かってしまうと、
私のような若造にはちょっぴり刺激の足りない
出来であり、昨日、一昨日と朝から晩まで
ひたすら遊んでしまった私としては、不覚ながら、
微妙に。。。寝た。

しかしながら、男だらけのキャストの中で、光っているのは
何と言っても宮崎あおいちゃん

山に行ってなかなか帰ってこない浅野忠信の帰りを
ひたすら待つあおいちゃん。
だから東京に浅野が戻ってきたときは、あおいちゃんは
ずーっと浅野によりかかってお話するのだ。
その愛らしいことといったら。

そして、そんな変な話はしていないのにもかかわらず、
旦那の前では、あおいちゃんはなんだか少し、色っぽい
声を出す。
しかも浅野の耳元で。

すばらしい。ほんっとうにすばらしい。

物語はどうであれ、山の壮大さとあおいちゃんを見る
だけでも、この映画を見る価値はあるのだと思った。

さて、剣岳後、食欲旺盛の私は、スープとサラダしか
食べれないという夏バテ気味の友達を差し置いて
無心にパスタを平らげ、お腹いっぱいになったところで
映画館に舞い戻る。

実は、こんな朝っぱらから1本映画を見たのには
大きな訳がある。

もともと、本日の映画は、友達の「アマルフィ見たい」
から始まったわけであるが、私はぶっちゃけ、
全編イタリアロケだけが売りの、単なるおされ映画
あるところの50周年記念映画にはまったく興味が
なかったわけで、だから交換条件として、
「そんなにアマルフィみたいんだったら、代わりに
剣岳にも付き合えよ」
と言ってしまったことにより
こうなっているわけだ。

だから、若干剣岳が期待はずれだったとしても、
ここで帰るわけにはいかないのだ。

そんなこんなの事情で、ご飯でお腹いっぱいで
またもや若干眠気が襲ってきた頃、織田裕二が
イタリアに降り立った。

イタリアに赴任した外交官(ってことになっている)
であるところの織田裕二(=黒川)は、赴任早々、
邦人の娘さんの誘拐事件に巻き込まれることとなる。

でも、本当は、その誘拐事件は単なる誘拐事件
ではなくて、織田裕二がイタリアに来るきっかけと
なったテロ予告と密接に絡み合っていて・・・

っていう映画なんだが、私は、この、おされっぽいから
なんとなくイタリア
、っていうそのなめた態度がなんとも
気に食わなかった。

何もイタリアじゃなくてもよかっただろうと。
テロ予告なら、南米とかアフリカとか、いかにも
ありそうなところでロケやればよかったじゃないか。

でも、映画が始まった直後に大きく映し出された
コロッセオを見たとたん、現金な私は思った。
「ああ、やっぱり映画ロケやるなら、イタリアだよな」
と。

その後も、映画は、スペイン階段やらバチカン市国やら、
私の大好物の風景を交えながら、それでも深刻な
テンションで進んでいく。

話の流れも、まぁありがちではあるが、若者にはお似合いの
刺激的で眠くならない展開であり、若干ミーハーむけな
イメージはぬぐえないまでも、思ったより、よかった。

その中でもよかったのが、特別出演の福山雅治である。

織田裕二の友達(ってわけじゃないな)であるところの
新聞記者という、いわゆるチョイ役であるわけだが、
常に女を小脇に抱えて余裕綽々でやってくるあの
涼しげな目とくしゃくしゃパーマに私は完ぺきにやられて
しまった。

そんなこんなで、あおいちゃんと福山でお腹いっぱいに
なったころ、映画2本立ての海の日は終了。

やっぱり女子も男子もイケてるのに越したことは
ないよなー
、と、結局当り前の結論に達した私は、
さわやかな気持ちで英会話教室に向かった。

« ドラクエと、バスケ合宿。 | トップページ | ドラクエで省みる仕事のやり方 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

おおおーー!剱岳!
見に行きたいっすねえ。まだやってるんですね。てっきりもう終わっちゃったのかと…。
宮崎あおいカワイイ情報で、お一人さまでも見に行く決心が付きました。ありがとうございます。

>宮崎あおいカワイイ情報で

いやぁ、まぢであおいちゃんよかったっすよ。

和装がほんとうによく似合ってますね。

その中でも、おすすめはあおいちゃんお風呂上がりのシーンです。

あんだけ童顔なのに、香り立つような色っぽさがあるのはなんなんでしょうね。

うらやましい限りです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久方ぶり映画三昧:

» ドラクエ9Ⅸドラゴンクエスト9ⅨR4マジコンパッチ回避コードフリーク攻略 [ドラクエ9Ⅸドラゴンクエスト9ⅨR4マジコンパッチ回避コードフリーク攻略]
全職業 経験値 9999999、戦闘後HP・MP回復、会心の一撃、小さなメダル 999個、所持金999999G、その他山盛り! [続きを読む]

» NBA 2K9 [NBA 2K9]
NBA 2K9の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「NBA 2K9」へ! [続きを読む]

« ドラクエと、バスケ合宿。 | トップページ | ドラクエで省みる仕事のやり方 »

無料ブログはココログ

ribbon

twitter

Booklog

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31