« 最後の晩餐(牛蔵):2日目のお昼 | トップページ | 働くための試練 »

2009年5月10日 (日)

最後の晩餐(牛蔵):2日目の夕方

やっとこさ予約したあとの3時間強は怒涛のように
過ぎ去った。

お昼にラーメン食べて出るともう午後1時を過ぎており、
その時点でいったんお腹がいっぱいになってしまった
ため、午後は無駄に工具買い出しとか言って父と
1駅散歩し、さらにその工具でベッドを必死で崩して
一生懸命腹を空かせる。

いつものんびり屋の妹の尻をたたいて、はやいとこ、
つまりは焼肉屋の予約がとれている4:15までに
引っ越し準備を終わらせるように必死で仕向ける。

そんな努力の甲斐があったのか、午前中さっぱり
進んでいなかった引越しの準備が、午後4時には
あらかた終わった。

あとは、明日引越し屋さんが来る前にやれば、
おそらく大丈夫。

問題は、結局そんなお腹が空いていないってこと
だけども。

だって、4:15って・・・ぶっちゃけおやつでしょ。

それでも、ネズミの国とほぼ同じシステムで、
焼肉屋というアトラクションのファストパス
手に入れてしまったからには、その時間に
焼肉屋に行かないと、永久にその権利は
失われてしまうわけだ。

そんなこんなで、私たちは、あまり気がすすまない
ながらも、4:15に向けて家を出た。

時間ぴったしに店に着いたはずなのに、
そこには既に満員のお客さま。
なんという活気。

早速、メニューを見て注文しようと思うわけだが・・・

なんかよく分からない。
素人には分からないのだ。

メニューに並んでいるのは、

・マキ
・肩三角
・ランプ
・芯々 ・・・

こ、これはいったいなんのことでしょう。

ということで、悩みに悩んだ結果、とりあえず、
お勧め7種盛りを350g頼んでみる。

母がねだった牛タンも別に頼んで、とりあえず
乾杯。
(私はウーロン茶だったけども)

やってきた7種盛りは、カルビ、ロースから始まって、
なかにく、ざぶとんなど、ふだんは聞かない
希少部位(?)ばかり。

しかしながら、お店の人が説明をして
帰ってしまうと、さて、どれがどれなのか。

・・・ま、とりあえず食べてみるか。

と、焼けたところからとりあえず食べてみる。

にんにくじょうゆをつけて、パクリ

と、噛む間もなく、口の中で、その肉は、
とけてなくなった。

じゅわわわーって感じで。

なんだこれ!すげぇ!すげぇ後味!

味わったことのない感覚である。

とにかく、そのお勧め7種盛りの肉は、
どれもそんな感じなのだ。
パクリ、じゅわわわー。
パクリ、じゅわわわー。

ちなみに、牛タンや、そのあと頼んだ
ホルモンは、普通といえば普通。
普通にうまい。
(いや、うちの流儀として、全体的に
ホルモン焼きすぎなので、あれじゃ
味が分からないのだけどね)

それでも足りずに最後の最後に「げた」とか
いう、あばら骨の間の肉といういかにもうまそうな
部位を頼んで、おやつとか言いながらいったい
どれくらいの肉を頼んだろう。

この時間に夕飯食べてしまったら、通常
夜食食べないとやってられないのだが、
こんだけ食べておけば、まず夜食食べると
いうことはないだろうというくらい、たらふく
食べ、父と母はいい具合に酔っ払ったところで、
そろそろ制限時間の2時間がたちそうになって、
お会計をお願いした。

と、お会計がやってきて私たちはさらに
びびった。

なんと、4人で10000円

・・・昨日の、そんなにうまくない飲み屋でも、
よく考えたら12000円だった。

それが、こんなうまい肉のほうが2000円も
安いだなんて。

「これじゃあんたの定額給付金にもならないね!」
と母が上機嫌で妹に言い、すぱーんと10000円
払って店を出た。

時間はまだ夕方6時過ぎ。

田舎者家族4人は、さっそうと、電車に乗り込んで、
東京最後の夜を楽しむため、カラオケに出かけて
いったのだった。

そして、次の日。
引っ越しが終わって田舎に帰る道中、
母はぽつりとつぶやいた。

妹は田舎に帰るけども、まだ姉は東京にいるのだから、
また1000円の高速乗って、東京に来て、
10000円でお肉食べよう。
お姉ちゃんがお昼に並んで予約取っといてくれるもんね。

・・・どうやら、私は、焼肉屋ファストパス係に任命
されてしまったようだ。
・・・・・・まぁいいけどさ。

焼肉問屋 牛蔵 (焼肉 / 富士見台、中村橋)
★★★★★ 5.0

« 最後の晩餐(牛蔵):2日目のお昼 | トップページ | 働くための試練 »

外食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後の晩餐(牛蔵):2日目の夕方:

« 最後の晩餐(牛蔵):2日目のお昼 | トップページ | 働くための試練 »

無料ブログはココログ

ribbon

twitter

Booklog

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31