« パンデミック旅行記(3)~あっという間の帰国~ | トップページ | 最後の晩餐(牛蔵):2日目のお昼 »

2009年5月 5日 (火)

最後の晩餐(牛蔵):1日目

ついに、田舎に帰ることになった。

あ。私じゃなくて、妹が。

東京に来て2年、ふらふらとフリーター生活を
気ままに送っていた彼女も、いい加減、地に
足つけた田舎の生活に戻りたくなったのか、
あれだけわがまま言って上京したわりに、
意外にあっさりと何の未練もなく、東京を
去ることになったわけだ。

というわけで、引越しの手伝いをするために、
両親が、1000円の高速でやってきた。
(あいや、正しくは1850円)

この引越しにあたり、私は1つ、心に決めて
おいたことがあった。

妹が田舎に帰る前に、最後くらい、
うまいものを食べさせてやっても
よいのではないか
と。

・・・・・・ごめんなさい。
おねいちゃん、今大嘘つきました。

妹の住んでいる家の近くに、ネットで評判の、
やったらうまい焼肉屋があると言うのだが、
何しろ住宅街の中にぽつんとあるため、
妹を理由にしないとその焼肉屋にいくことが
できないのだ。

だから、口実を作れるうちに、どうしても、
おねいちゃんが、そこの肉を体験して
みたかったのだ。

というわけで、両親が到着した日の夜7時頃、
私たちはふつーに、田舎で焼肉屋に行くような
感覚で、のこのこと焼肉屋の階段を上がって
行った。

階段をのぼったところには、意外にも2組くらいの
家族連れしか待っておらず、「なぁんだ、これじゃ
田舎の焼肉屋のが混んでるくらいだわ」
とか
勝ったような気になって、出てきた店員さんに、
ふつーに告げたのだった。

「あ、予約してないんですけど・・・」

と、そのとき、店員のおねいさんの目つきが
急に、明らかに変わった。

「あのですね、ここにはそんなに人が待って
いないように見えますけど、
皆さん既に予約
されていて、空いたら店員が携帯に電話して
次の方を呼び出す仕組み
になってるんですよ。」

まくしたてる店員さん。
なんて早口なんだろう。

「本日、もう既に30組くらいのお客様がこのあと待機
されている状況でして、予約されていない方はその後に
なりますので、大体
10:30くらいになってしまいますが、
どうされますか。」

んー、私はその時間でもよいけどさ、
うちの両親、田舎者なので、夜早いのですよ。
それにね、両親これから池袋まで出てホテルに
チェックインまでしないといけませんので、それを
考えると、さすがに10:30から焼肉は現実的じゃ
ないかと・・・

「じゃ、また明日来ます。
予約していけばいいですか?」

その一言が、またおねいさんに火をつけてしまった
らしい。

「失礼ですが、お客様は4名さまですか?」

・・・は、はい。

予約できるのは5名さま以上
時だけです。4名さまの場合は、
その日のお昼12時に、
仕込みのためにお店開けますので、そのときに
お店まで来ていただいて、受付して
いただかないと
・・・」

・・・・・・あ、そうなんですかぁ。

「じゃ、お昼に来ます、明日」

私たちにしてみたら、相当な譲歩である。

そもそも、田舎者というのは行列が大嫌い。
むかーし、家族でねずみの国に初めて
やってきたときも、親は30分待ち、という、
人気アトラクションをすべて拒否し、結局
まともに乗ったのは、10分待ちのゾウさんの
しょぼめの乗り物しか乗らなかった、という、
お粗末過ぎるエピソードもある。

それが、今日食べたかったものを明日に引き伸ばす
上に、夜食べるためにお昼に受付しにくるなんて。

それなのに、おねいさんはさらに難問をふっかける。

「ちなみにですね、12時ぴったりにお店に来て
いただいても、その時点で連日既に
20組程度
お客様が列を作っている状況ですので、それも
見越した上で、
12時より若干早く来て
いただいたほうがよろしいかと思います」

・・・はぁ。

おねいさんの突きつけるハードルの
あまりの高さに、明らかにびびっている親と妹。

そしてなにより、
「そこまでして肉にこだわる必要あるわけ?」
という冷たい空気。

私ですら、若干、そんなにしてまで食べなくても
いいんじゃないかと思ったほどだ。

それでも。

そうだとしてもやっぱり、妹がいるうちに、この
幻の肉は食べておかねばならん。

私は、1つの大きな決心の元に、おねいさんに
決闘を申し込んだ。

「分かりました。
明日、お昼より少し早めにくれば
いいんですね。

分かりました。」

と、私はきびすを返してとっとと店の入り口から
去る。

その日は結局、近くの、料理もたいしたことなければ、
店員のサービスも最悪の、やっすい飲み屋でお一人様
3000円くらい飲み食いすることになったわけだが。

さて。
妹の引越しまで、残された夜はあと1回。
幻の焼肉作戦は成功するのか否か。

それはまた、次回のお楽しみ。

焼肉問屋 牛蔵 (焼肉 / 富士見台、中村橋)
★★★★★ 5.0

« パンデミック旅行記(3)~あっという間の帰国~ | トップページ | 最後の晩餐(牛蔵):2日目のお昼 »

外食」カテゴリの記事

コメント

食ってないのに★★★★★ですか。
そうですか。相当おいしいんでしょうねえ。
大井町にも美味い焼肉屋があるらしいです。

2日目の記事、楽しみにしていますよーん

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後の晩餐(牛蔵):1日目:

« パンデミック旅行記(3)~あっという間の帰国~ | トップページ | 最後の晩餐(牛蔵):2日目のお昼 »

無料ブログはココログ

ribbon

twitter

Booklog

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31