« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月24日 (火)

気になる、ア・イ・ツ

ついに、あいつがやってきた。

いや、気づいてはいたんだ。
2週間ちょっと前から、あいつが遠くから私を
見つめているのを。

そんなあいつの存在を感じるたびに、私は
どこかこそばゆいような気持ちになって、
目を細めてみたり、鼻をつまんでみたりして、
自分をごまかしていたんだ。

でも、あいつは、私がどこにいたってじぃっと
私を熱い目線で見守っており、それは家に
いたって会社にいたって出張先にいたって
ずーっと後ろからくっついてくるんだ。

それでも、何日かは、私とあいつの距離は
確かに近いけど、密着するってほどじゃなかった。

でも、その均衡をあいつが崩したのは先週末
出張から帰って来た頃。

徹夜明け出張からボロボロになって帰った私は
全然気付かなかったんだけど、ついつい、
あいつを家にあげてしまったのだ。

そのままベッドの上に崩れるように眠った私を、
あいつはしっかりと抱きしめて一緒に眠り、
起きた時には私の首根っこにしっかりと手をまわして
いて、全然離れる様子がない。

・・・・・・・・・・・・
と、ここまで書くとなんだかちょっとセクシーな香りまで
漂ってくるが、何のことはない。
単なる花粉症の話である。

2月2週目くらいからじわじわとやってきた、
あいつこと花粉症は、先週からはっきりと
頭角を現し、一生懸命はめたくもないマスクを
会社の人にはばれないようにつけているにも
かかわらず、そのマスクガードをものともせず、
私の鼻を攻撃してくるんだ。

マスクしているのにその下から大きなくしゃみをし、
そうするとマスクの位置がずれてしまって、その
状況で呼吸をすることによりどんどんどんどん
悪い方向に。

それにしても、最初に花粉症になった年は
本当にひどかったけど、ここ2年くらいは
はっきりとした症状がでるわけでもなく、
落ち着いていたのだ。

それなのに、どうして今年はこんなひどいんだろう。

ってか、普通なら、ひどかったら、素直に
飲めばいいだろうと、みんなは思うんだろう。

私が会社でくしゃみをするたびに向けられるみんなの
視線で、私だってみんながそう思っていることくらい
ちゃんと分かってる。

でも。

最近、怖いんだ。マジで。
医者に行くのも、薬飲むのも怖いんだ

原因は、なんといってもあのウイルスさわぎ
ある。

何しろ、あのとき一番最初にかかった町医者は
毎年花粉症のときにお世話になっていた医者なのだ。

その医者でもらった薬が体に合わず、#7119に
ヘルプまで頼んだあの瞬間を、半年経った今も
私はくっきりと覚えてしまっている。

でもねぇ。
今日みたいな寒くて雨まで降った日にまで、
鼻水くしゃみ目のかゆみが止まらないこの状況を思うと、
さすがにそろそろ病院に行かないと厳しいんだろうなぁ
と思う。

仕事にも支障出てくるし。

カラオケにも支障出てくるし。
(2月は毎週行ってるけど)

それに何より、今年、大吉の「待ち人来る」春を迎えるに
あたり、新しく出会う初対面の殿方殿の前に、
どでかいマスクはめて登場するわけにいかない
じゃないか。
(スキー場じゃあるまいし)

いろんな意味で、過去のトラウマに縛られていると、
新しい出会いはやってこないんだなぁと実感したそのとき、
あいつがまた、私の鼻の下をくすぐった。

花粉よ
私が出会いたいのは、お前じゃないんだよ。
残念ながら。

こんなところでも、需要と供給が一致しないと痛感する、
寒戻りの夜。

2009年2月15日 (日)

めいわくなこと

私の内線が鳴ったのは、木曜の夕方のこと。

企画部からの電話に、また事業計画の話だろうか、と
びびりながらもなんとか電話をとった私に、企画担当
から残念なお知らせが告げられた。

反射的に大声をあげてしまった私。

いや別に、仕事でやっちまったとかそういうことじゃない。

あいや、仕事でもやっちまったことはやっちまったんだけど、
今日の電話はそれとは関係なくて。

企画担当様から告げられたニュースとは、
私の誕生日に運命的に発売されるはずであった、
ドラクエ9が発売延期になった
、という
ニュースであった。

まだこれから大変な仕事も山ほどあるというのに、
私はこれでテンションダダ下がりである。

そもそも。
私が誕生日にドラクエ9を手にしたかったのには、
のっぴきならない事情があったのだ。

ドラクエ9の発売日となるはずだった私の今年の誕生日は、
私が生まれた時と一緒の、土曜日となるわけだが、
まだ待ち人が来ておらず、その日誰かと会う予定がほぼ
ないことが決定している私にとって、ドラクエ9は、アラサー
女子にもってこいのやさぐれツールとなる予定で
あったのだ。

そんなやさぐれツールが手に入らなくなってしまったので
ある。
どうすりゃいいんだ今年の誕生日。

せめて、別にドラクエ9じゃなくてもいいから、
スクエニファンが納得するような、軽いロープレゲームでも
なんでも出してくれればいいじゃないか。

こういうとき、君らはいつも、とりあえずトルネコ
だのみで、ダンジョンものを出して切り抜けてきたのでは
なかったか。
今回はそれもできないというのだろうか。

なんて迷惑な不具合なんだ!!!

と怒りをあらわにしていると、隣の島からゲーマー
先輩君がやってきた。

そんなに怒ってるってことはもしかして、ドラクエ9
販売延期のニュースを聞いたの?

え。あ。はい。
今さっき。

ってか先輩君、あなたは何でそんなことが分かって
しまうのでしょうか。

そんなの、あたりまえだろ、という顔をして、
先輩は席に戻ってゆく。。。

そして、終電で家に帰ると勝手に上がっているPC。
またこいつは、何かを録画しようとして立ち上がり、
自動的にスリープに入れなかったようだ。

そして、私が既に帰っているものと勘違いして
友達から届いているメッセンジャーの文章を読んで、
私は驚愕した。

ごめんなさい、ほんとごめんなさい。
ドラクエ発売延期でほんと
ごめんなさい。

どうして。
どうしてみんなわかるの?

私がドラクエ延期で煮えくりかえってるって、どうして
みんな分かるの?
(しかも男子ばっかり)

・・・ここはひとつ大人になって、品のいい淑女らしく、
しばらくドラクエの話は避けようと心に誓った真夜中の
ことであった。

品のいい淑女らしくしていれば、もしかしたら誕生日には
ゲームでやさぐれなくてもいい状況になる。。。かもしれない。

2009年2月 7日 (土)

うれし?恥ずかし朝帰り

「久しぶりに、花金ってかんじですね」

って古臭いことを若者が言っていたけど、
久しぶりに再会する女子はまさに華やかで、
男くさいこの職場で男くさくなってしまった私も、
確かに今日は花金だと思えた。

そしてとっとと1次会で夕飯を一通り食べ終わると、
いつものメンバー、いつもの2次会、
いつものカラオケボックス。

思い出せば、カラオケに入ったのは、まだ宵の口、
夜9時半のことであった。

いつもどおり入口の自販機で買った、7つの
チュッパチャプス

チュッパチャプス
確かあれは、「30分のお口のお供」みたいな
キャッチフレーズで売り出したのではなかったっけ?

でも、毎度のことではあるが、私がチュッパチャプスを
口にすると、30分では全然終わらないのだ。

歌を歌いながら、だから、ずーっと口に入れてるわけ
じゃない。
まぁだから、30分で全部なめきれないのは、ある程度
仕方ないとしても。
それでも、みんな順番に歌っているはずで、しかも
みんなは私よりも激しくビール飲んでるので、どらかと
言うとみんなより私のほうが、多少チュッパチャプス的には
有利なはずなんだ。

しかしながら。
カラオケ始まってはや1.5h
まだ私の手元には大きなチュッパチャプス
残っている。

みんながなめたチュッパチャプスはもう既に棒だけに
なって、その辺の灰皿に捨てられている。

まただよ。
なんでわたしばっかりなめ終わらないのよ。

と、いらいらする心を紛らわすために、いつもは
歌わない歌を歌ってみようかと、ちょっと冒険心を
出してしまったのが、本日の間違いの始まり。

よりによって私が選んじゃったのは、
ドリカムの、「うれしはずかし朝帰り」だった。

LOVE GOES ON・・・ Music LOVE GOES ON・・・

アーティスト:Dreams Come True
販売元:エピックレコードジャパン
発売日:1989/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(この中に入ってます)

こんな歌、知ってる人もほとんどいないはずなのに、
私の最近の「朝帰りしてー」っていう願望がどうやら
みんなに伝わってしまったらしく、なんだか部屋の中が
急にテンションあがってしまった。

いや、でも別に、私がしたい朝帰りは、ほら、
なんていうか、もうちょっとオトナの朝帰り
だったんだ。

でも、それをみんなはどこかで勘違いしてしまったらしい。

店員さんから「2時間たちましたぜ」って連絡がきたのは、
確か夜の11時半だったけども、まだ始まったばかりの
勢いで、モー娘。の「ザ☆ピース」をがんがんに踊り
まくっていた私たちに、そんな電話が聞こえるはずもなく。

気づいたら誰かが、適当に「あと30分!」って
叫んでいた。

でも30分はあっという間。
みんなでぶーぶー言いながら帰り支度を始めたのは
もう12時を回ったころ。
確か部屋を出て時計を見たら、12時10分だった。
ま、でも、私もちょうどチュッパチャプス1本なめ終わった
ところだし、切れ目としてはちょうどいいよね。

しかし。
部屋を出たところで、私はどん!と肩を押されて、
部屋に戻されてしまう。

なに?どうした?何があった?
とおどおどする私の前で、入口に立ちはだかって
みんなで何か相談している。

「ってかさぁ、まだ終電あるの?」
「あ!ってかもう俺絶対終わってる!」

ん?私はまだ終電あるよ、たぶん。

「終電ある人は帰ったほうがいいと思うよ真面目に」

うん。私もそう思う。
でも帰りたくてもみんなそんな入口のところで
立ちはだかってたら、帰れないんだけど。

ってぼそぼそ言ってる間に、誰かが言った。

「うん。じゃあ私店にナシつけてくる!」

ナシ?ナシってなんのことですか。

そして、「ナシ」をつけに行った女子を見送ると、
みんなは部屋に逆流してきた。

「さ、じゃあナシも付けたことだし、がんばりますかー」

その一言で私もようやく分かった。
ナシつける=オールでカラオケって
ことなんだと。

そこから、私たちの、たいしてうれしくもない朝帰り
までの耐久勝負が始まったのだ。

しかし。
ナシをつけて帰って来た彼女は、なにやらどこかに
お電話中。

うーん、なんかこれ、どこかで見たことあるなぁ。
と思ったのもつかの間。

電話から戻ってきた彼女が、急に暴挙に出る。
私たちはその状況を理解できず、だからと言って、
目を背けることもできず、ただ呆然と、1曲丸ごと
その情景を見つめ、1曲終わったところで、
彼女は無言で荷物をまとめて、出て行ってしまった。
(暴挙の詳しい中身は、おこちゃまには記述できません。
ご了承ください)

もう一人の女子は彼女の様子を見に一緒に
部屋を出て行き、おこちゃまばかりが取り残されると、
私たちは一瞬歌うのをやめ、ただ呆然と、みんなで
顔を見合わせた。

暴挙に付き合うことになってしまった男子も、
おこちゃまなので、何がどうしてこういうことに
なり、なぜ自分がなんとなく加害者になっているのか
まったく理解できない様子。

「おれが、いけないんだっけ?」

うーん、どうなんだろう。
私もそんな、急に暴挙に出るなんていう経験ないからさ、
どういう心境でああなるのかなんて、分からないのよ。
ごめんね、お子ちゃまで。

ま、とにかく、こういうときは歌うしかない!というわけで、
1年前、こういうシチュエーションでうたった歌を、もう1回
持ち出してみる。
2本目のチュッパチャプスを片手に、そしてもちろん、
靴脱いでソファーの上に片足
引っかけて

♪あの虹を渡って、
 
あの朝に帰りたい・・・

ああ、帰りたい。
家に、帰りたい。

そんなこんなで朝5時まで残ったお子ちゃま方で
チュッパチャプス片手に歌い倒した花金の夜
(から土曜の朝)。

うれしくもない、恥ずかしいだけの朝帰りの道すがら、
カップラーメン買って一人コンビニを出ると、
もう夜も白々と明け始めており、それにみとれて
いると、イヤホンからは、今の私の心境にぴったりな
曲が流れだす。

♪夏がくる、きっと夏がくる。
 真っ白な馬に乗った王子様が。
 磨きをかけて今年こそ。
 妥協しない
 あせらない
 さみしさに負けない。

そうだ今年こそ。
今年こそ、久し振りに、今度はちゃんと
うれしはずかし朝帰りができますように。

※本日のチュッパチャプス
1本完食。(ストロベリークリーム)
1本途中で床に落として断念。(コーラ)
そしてもう1本は食べ終わらず灰皿行き(ピーチ)

そして気づくと、バッグの中にもう1本(ストロベリー)・・・

ザ☆ピ〜ス! Music ザ☆ピ〜ス!

アーティスト:モーニング娘。
販売元:ZETIMA
発売日:2001/07/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

GLAMOROUS SKY Music GLAMOROUS SKY

アーティスト:NANA starring MIKA NAKASHIMA,HYDE,根岸孝旨,KAZ,AI YAZAWA,Lori Fine,mmm.31f.jp
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2005/08/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

大黒摩季|大黒摩季セルフカバー BEST LUXURY 22-24pm 初回盤 大黒摩季|大黒摩季セルフカバー BEST LUXURY 22-24pm 初回盤
販売元:新星堂ショッピングサイト
新星堂ショッピングサイトで詳細を確認する

2009年2月 2日 (月)

3つのハプニング

誕生日まであと2か月をきった。

いつになく、今年の誕生日がわくわくするのは、
別に、その日がドラクエの発売日だからって
わけじゃない。

ただでさえ、こんな年になって、誕生日がうれしい
なんてことが、あるわけないのである。

肌だって髪だって、最近富にやばくなってきて、
30過ぎたら一気にやってくる、という先輩の
脅しが日増しに現実をおびてきており、そして
人生の目標からはどんどん遠ざかって行っている。

それに、この年じゃなくても、3月生まれ、特に、
星座が一回りしてしまって牡羊座に戻る3月
下旬生まれ
っていうのは、そんなにすばらしいもんじゃ
ないのだ。

そもそも、誕生日が春休み中だから、部活がない限り
誰からも祝ってもらえない。
(だから私は、いっつもその日に部活を入れていた)

それに何より、同学年の友達よりほぼ1年遅れって
ことだから、小さいときは何をやっても周りに追いつかない。

かけっこだって、
ひらがなだって、
さかあがりだって。

だから、4月生まれの幼馴染は、私から見れば、
ヒーロー(あ、ヒロイン)だった。

そんな私みたいな、日本の教育における被害者を
少なくするためであろうか。
最近の親は、なるべく3月には子供を産まないように、
なんというか、ちゃんと計画するのだという。

そもそも私だって、3月に生まれるはずじゃなかったんだ。
本当は4月10日が予定日だった私。
それが、2週間も早くお腹から出てきちゃったのは、
陣痛促進剤のおかげか、それとも私がせっかちだったからか。
(私の性格からしておそらく後者だろう)

だから、3月下旬に生まれるってことは、なんというか、
いわば、ハプニング

それは新年始まって3日目のこと。
次の日のラグビーの試合に合わせ、私はその日の夕方に
帰ることに決めており、父は恒例のことながら、新幹線の
駅まで私を送ってゆくのだと決めていたようだった。

しかし。
その日の朝の電話が、そんな父の決心を鈍らせた。

電話の主は親戚のおばちゃん。
ウイルス騒ぎのさなかに祭にやってきた
父の従妹に当たるおばちゃんである。

「今日はうちにいるんか。」

と怒ったように聞かれて、とっさに私は、うんいるよ
と答えてしまった。
(実際は方言のせいで怒ってるように聞こえるだけ)

あ。ちがう。
夕方ちょっとだけ、私を駅まで送っていくから父は
いないよ
、と言おうと思った時にはもう遅い。

だいたい、今日って、今日の何時なのさ。
と、ちょっとだけ都会育ちの母は時間にこだわるのだが、
そんなこと、こんな田舎で言ったって無駄だ。
今すぐ来たって、暗くなってから来たって、今日は今日。
時間なんて、たぶん電話した本人だって、わかっちゃ
いないのだ。

ま、夕方にかちあってしまったら、仕方ない。
一人で雪の中、ローカル線に乗って帰りますよ。

しかし、予想に反して、おばちゃんたちご一行は、
きちんとお昼の2時くらいにやってきた。
(きちんとっていうのは、常識的な時間にってことだ)

早速、昼間っから父はビールだの日本酒だの持ち出して、
この時点で私はもう、ローカル線で帰ることに決めている。

と、ひとしきり酒を飲み交わしたところで、口を開いたのは
おばちゃんちの息子ってことは、父の・・・何?

その、なんだか関係のよく分からないこの息子
(結構イケメンだし誠実だ)の結婚式で、父は関係も
よく分からないのに、なぜか親族代表みたいな感じに
なり、なぜか乾杯の音頭までとらされている。

その、親族代表であるところのうちの父に、その息子は
こんなことを言い出した。

「あの・・・今度子供が生まれるんですが、ぜひ、
額に入れて飾っておく子供の名前を、書いていただけ
ないでしょうか。」

母も私も、言葉を失った。

息子の隣の、お腹がパンパンにはったお嫁さんから
今度生まれてくる初めての子供の、「命名~」っていう
あの上質な習字紙に、父がその子の名前を書くって
いうのだ。

言っておくけど、字を書かせるなら、それは母の仕事だ。
母は私たちが小さい頃、趣味で習字を習っており、
コンクールで何度か入賞もしており、親戚のご祝儀袋の
文字はすべて母が書いているから、母に書かせるのは
悪い選択ではないと思う。

でも、どうしても父がいいというのだ。
そのうちに「父」がいないこともたぶん大きいのだと思うが、
どうしても、本家の家主である父に、子供の名前を書いて
ほしいのだと。

なんだかんだと父がいろいろ理由をつけて断るも、
そのイケメン息子はそこだけは譲れないようで、
結局、じゃあ練習はしておこう、ということになった。

ところで。
とその話の最後に私は聞いた。

ところで、その本番はいつになるの?

あ。予定日は、3月29日です。

と、イケメン息子は、ドラクエ発売日の次の日の日付を
口にした。

そんな親戚の集まりからちょうど2週間後。

違うイケメンのために、私たちは神楽坂の趣のある
レストランに集まっていた。

私としては、うれしさ半分、さみしさ半分のイケメン
結婚パーティー。

イケメンの隣には、とってもきれいで清楚な、
そしてお腹パンパンのお嫁さん。

お腹がパンパンだと男の子が生まれるんだって
と言っていたのは、2週間前にあった、父の従妹の
おばちゃんだったよなぁ、と、私はお嫁さんの、
体に似合わない大きなお腹を見ながら考えていた。

そんなパーティーの質問タイム。
やっぱり気になるのはパンパンにはったお腹の
中身のこと。

で、予定日は?

と誰かが決まり切った質問をして、イケメンが
それに答えた。

えっとね、3月27日

・・・そう。それは、ドラクエ発売日の前日。

そういえば、この2組のお腹がこのタイミングでこんなに
パンパンに膨れているのは、少なからずのハプニング
結果であり、そういうハプニングの元に、親が通常
好き好まない、数少ない3月下旬生まれ(牡羊座)仲間が
偶然にもここに集結したわけである。

でもまぁ、ハプニングだって、運命の一つなんだろう。

大丈夫。
3月下旬に生まれたからって、ちょっとくらい成長が
遅くたって、きっと大丈夫。

君らはきっと知り合うことはないだろうけど、1人じゃ
ないから。
生まれる日が2日しか違わない、もう一人の3月生まれが
いてくれるから、きっと大丈夫。

あとは、お二人の間に挟まれる予定の、28年違いの
この私の真似さえしなければ、ね。

無料ブログはココログ

ribbon

twitter

Booklog

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31