« メガネ(2) | トップページ | シカゴ出張記(1)~極寒~ »

2006年11月30日 (木)

松屋の秘密

今週はとっても忙しい。
今日も終電になって、地元の駅につき、
お腹すいたけど、夜も遅いし、ごみはたまってるし。

こういうときは、やっぱりあれだ、松屋だ。

夜中であることも忘れて、ビビン丼にがっついていると、
やってきたのはヘルメットをかぶったおじ様。

店内のポスターを見ながら、店員さんに尋ねる。
「これはどれ?」

これ、とは、ポスターにある、「プラぎゅう」。
牛飯に牛を追加する、というスペシャルメニューだ。
プラぎゅうが、自動券売機で買えるかどうか
聞いているらしい。

答える店員さん(若いけど働いている期間は長そうな方)。
「券売機では買えません。
牛飯を買ってもらえれば、レジでつけます。」

なるほど。
券売機ではプラぎゅうは買えないのね。

作り始めるさっきの店員さんと、
お金をもらう店員さん(おばちゃんだけど新米)。
おばちゃんの方が、
プラス、うし、だからプラぎゅうなのね
と、いまさら、店員としてあるまじき台詞をはいている。

と。
出てきたのは、普通の牛飯。

それに加えて、牛だけがのった小皿。

あれ。
ぎゅうめしにプラス牛なんだから、普通、丼のうえに
死ぬほど牛がのってくるんじゃないのか。

おばちゃん店員も、同じ疑問を感じたらしい。
不思議そうな顔で若い店員を見る。

すると、若者が、客の前であるまじき企業秘密を
口にした。

「本部では、どんぶりに全部肉をのせるように指導
してるんだけど、あまりにもひどい有様になるから、
みんな牛皿みたいにして出してるんだ」

本部と店舗があまり仲良くない。
店舗が本部の言うことを無視。
しかも複数店舗が結託。
さらには本部を侮辱する。

・・・松屋も、所詮は普通の一企業であることを
認識させられてしまう、そんな世知辛いひと時だった。

ああむなしい。

« メガネ(2) | トップページ | シカゴ出張記(1)~極寒~ »

ぐるめ?」カテゴリの記事

コメント

牛の記事をよむとちょっと心配になるかも

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松屋の秘密:

« メガネ(2) | トップページ | シカゴ出張記(1)~極寒~ »

無料ブログはココログ

ribbon

twitter

Booklog

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31