« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

松屋の秘密

今週はとっても忙しい。
今日も終電になって、地元の駅につき、
お腹すいたけど、夜も遅いし、ごみはたまってるし。

こういうときは、やっぱりあれだ、松屋だ。

夜中であることも忘れて、ビビン丼にがっついていると、
やってきたのはヘルメットをかぶったおじ様。

店内のポスターを見ながら、店員さんに尋ねる。
「これはどれ?」

これ、とは、ポスターにある、「プラぎゅう」。
牛飯に牛を追加する、というスペシャルメニューだ。
プラぎゅうが、自動券売機で買えるかどうか
聞いているらしい。

答える店員さん(若いけど働いている期間は長そうな方)。
「券売機では買えません。
牛飯を買ってもらえれば、レジでつけます。」

なるほど。
券売機ではプラぎゅうは買えないのね。

作り始めるさっきの店員さんと、
お金をもらう店員さん(おばちゃんだけど新米)。
おばちゃんの方が、
プラス、うし、だからプラぎゅうなのね
と、いまさら、店員としてあるまじき台詞をはいている。

と。
出てきたのは、普通の牛飯。

それに加えて、牛だけがのった小皿。

あれ。
ぎゅうめしにプラス牛なんだから、普通、丼のうえに
死ぬほど牛がのってくるんじゃないのか。

おばちゃん店員も、同じ疑問を感じたらしい。
不思議そうな顔で若い店員を見る。

すると、若者が、客の前であるまじき企業秘密を
口にした。

「本部では、どんぶりに全部肉をのせるように指導
してるんだけど、あまりにもひどい有様になるから、
みんな牛皿みたいにして出してるんだ」

本部と店舗があまり仲良くない。
店舗が本部の言うことを無視。
しかも複数店舗が結託。
さらには本部を侮辱する。

・・・松屋も、所詮は普通の一企業であることを
認識させられてしまう、そんな世知辛いひと時だった。

ああむなしい。

2006年11月26日 (日)

メガネ(2)

なんでメガネつけて人前に出なきゃいけないかって、
それは、来週長時間飛行機に乗らないといけないから。

飛行機に12時間も乗るとなると、絶対目が乾くし、
時差ぼけ防止のため、ひたすら寝ないといけないから、
飛行機の中ではメガネですごす必要があるだろう。

でも、飛行機のなかだけでメガネなら、知り合いに見られる
こともないし、多分大丈夫だと思うんだけど、最近は、
飛行機にコンタクトの保存液を持ち込むことすら
いけないと聞いている。(特にアメリカ方面)

そうするとだ。
家から成田までの道のりも、もしかしてメガネ!?

と思った瞬間、もう耐えられないと思った。
今うちでしてるみたいなださださメガネで行くわけには
いかない。

道すがら、どこで知り合いに会うかもわからないし、
成田で待ち合わせなんて事態になろうものなら、
会社の人にださメガネ姿を見せびらかすような事態に。
しかも、着いた空港でも保存液持ってないから、
現地のホテルまではメガネ?
初米国本島はメガネでデビューってこと?
アメリカンにまで、ださメガネの私を見せつけて、日本の
評判もがた落ちだわ。

(膨らむ妄想)

というわけで、妄想に突き動かされた私が出かけたのは、
新宿に新しくできたメガネ屋さん。
地下1階から7階まで全部メガネ屋、という本格的
メガネ屋さんだ。

服なら5分で決まるのだが、メガネって、いったい何が
似合うのか、さっぱり予想もつかない。
メガネアドバイザーがほしいところだが、店員さんは
特によってきてもくれず。
超混んでるし仕方ないか。

仕方なく、片端からメガネをかけていく。
1階の新作コーナーでは人も多くて集中できないし
恥ずかしいので、2階まで足を運ぶ。

1時間後、まぁこれなら無難であろうと思われる、
紺のフレームを見つけ、店員さんのところに持っていく。
(やっぱり店員さんは全員おされメガネ)

すると、視力検査のために、7階に案内されるのだが、
ここで30分待ち。
外に出てもいいというので、海外出張買出しの続き。

30分後に戻ると、やはりおされメガネで、びびる大木に
ちょっと似ているお兄さんに視力検査をされる。

で、最後にレンズの種類を選ぶんだけど、フレームが8000円
なのに、レンズのグレードをちょっと上げると、レンズだけで
7000円くらいになってしまう。

でも、私の場合、安い球面レンズにしようものなら、
激しく牛乳瓶になるのは間違いない。
そんな姿を会社の人にでも見られようものなら、
その写真をばら撒かれたり、誇張して伝わったりして。。。
(膨らむ妄想)

やっぱり7000円のレンズでお願いします!

ここで、メガネを作るために25分待ち。
この小刻みの待ち時間がどうしても気になる。
ビルの中にカフェでも作っとけば儲かるんじゃないか。

そんなこんなで2時間もかけて物を買う、という、
PC買うときにもこんなにかからないような時間をかけて
買ってきためがね。

さっそく、家に着いたとたん、メガネをかけて、夕飯作り。

でも。
慣れないメガネ。
視界が狭い。
多分調子に乗ってフレームの小さいメガネにしてしまった
からだ。

しかも。
なぜか、いつもは並行に見えるものが、なんだか斜めに
見える。
食器を洗うと、水がいろいろなところに飛び散る。
野菜がまっすぐ切れない。
距離感もつかみにくい。

そんな危なっかしい状態で、冷蔵庫に卵を出しに行く。
旧式の、上が冷凍庫、下が冷蔵庫のやつだ。

あれ。
冷蔵庫の扉が重いぞ。
疲れてるのかな。
と思って、ちょっと力を入れたとき。

目の前が真っ暗になり、どーん、という音と
ともに、火花が、散った。

事態を整理してみよう。

冷蔵庫だと思って、開けた扉は、なぜか、
冷凍庫だった。
そして、冷凍庫の高さにちょうど顔があったから、
冷凍庫の扉が、私のおでこめがけて突っこんできて、
したたかに、おでことメガネにぶつかったのだった。

並行に見えれば、冷凍庫と冷蔵庫を間違えることは
なかっただろう。
そして、間違えたとしても、距離感がつかめていれば、
ぶつかることはなかっただろう。

とりあえず、買ったばかりのメガネが、ちょっと、
ゆがんだ。。。

やっぱり、コンタクトを中心に生きて行こうと思った。

そんな、勤労感謝の日の出来事。

2006年11月25日 (土)

メガネ(1)

「ほんとの私、デビュー!」とかいうコンタクトのCMが
あるが、あれは、あながちうそではないと思っている。

なぜって、私が体験者だから。

視力が急に落ちてきたのは、中学に入ったころ。
勉強時間が増えたからなのか、教科書の字が
小さくなったからなのか、はたまた、ゲームの
やりすぎか。

うちの親は、その原因を、勉強机のライトのせいにして、
置く位置やらライトの種類やらいろいろ変えてみたり、
プルーンを食べさせてみたり、はたまた視力回復運動の
本を買ってきたり。

でも、そんなことしたって、一度悪くなったものが
回復するわけもなく。

そういったわけで、高校に入ったころには、24時間
メガネ生活になった。
あのころ、まだメガネっ子ブームとかみじんもなかったころ、
フレームつきのメガネなんていかにもメガネみたいで
恥ずかしいとか思った私は、ノーフレームのメガネを買った。

でも、お世辞にもそのメガネは似合っているとはいえず、
あのころ、私はメガネも、メガネをかけた自分も大嫌いで、
だからずーっと下向いて歩いてたし、口数も、今より
よほど少なかった、記憶がある。

コンタクトなんて目に入れるもの、絶対体に悪い、と
まるで異国の船に出会った侍のごとく反対する父を
なんとか説得して、コンタクトにしたのは、修学旅行の
3日前。

あのころは使い捨てなんてなかったから、1個1万円も
するような1年使えるソフトコンタクト。
田舎じゃ買えないからわざわざ1時間もかけて買いに
いって。

でも、事件が起こったのは修学旅行の前日。
初めてのコンタクトは、なんだか落ち着かない。
テレビを見ながら、なんだか目が痒くてちょっと
こすったら。

2つに割れたコンタクトレンズが、
目の中から出てきた。

血の気がひいた。
これは夢だ、もしくは何とかすればくっつくんじゃないか、と
思って、なんどか目の中に戻そうとしてみるが、うまく
いくわけもなく。

家で仕事をしている父の元に走ると、
コンタクト反対派の父は、
「そらみたことか、コンタクトなんてだからやめとけって
言ったんだ」
といわんばかりの形相で私をにらみつけ、そのまま
無言で1時間私を車に乗っけて走り、コンタクト屋に行って、
これはミスによるものだから改めて買いなおせという
医者に向かって、こんな不良品買わせやがって、と
怒鳴りつけて、結局ただで買い戻し、そしてまた無言で
帰ってきた。

そんなこんなでいろいろと慣れない間は大変だったけど、
やっぱりコンタクトはすばらしい。
視界も広いし、運動するときも気にしなくていいし、
目も大きくなったような気がするし。
気のせいだけかもしれないけど、周りの人には
なんてことはないのかもしれないけど、なんだか前向いて
歩けるようになった。

それからというもの、絶対に人前でメガネをかけることは
なかった。
あれからメガネは一応買い替えて、プラスチックフレームの
めがねにしたけど、やっぱり全然似合ってないような気がして、
どんなに夜が遅くても、オールになっても、合宿でも、極力
メガネはかけないようにして、コンタクトが裸眼です、みたいな
勢いでやってきた。

だけど。
このたび、人前でメガネをかけないといけない可能性のある
事態にぶつかった。

メガネっ子ブームでもあることだし、これは似合うめがねを
そろそろ買おうかと思った。

長くなったので次回へ・・・

2006年11月14日 (火)

Web2.0時代の恋愛論

純君dayの前に。

11月の上旬、久しぶりに前の担当が一堂に会した
わけだが。
ここの担当の人たちは、なんだかちょっと変わった
観点で話をすることがあって。

この前不意に話題になった、というか私に指令が
下ったことは。
「Web2.0時代の恋愛をしてみろ」
というものだった。

なんだか急に超ハードルの高い大切りを
吹っかけられた気分だ。

頭をぐるっとめぐらせて、昔読んだグーグルの本の
内容を思い出してみる。
Web2.0の特徴って。。。

ポッと思いついた単語。
「Web2.0ってことは、ロングテール、ってことですか?」

私の受け答えに、なんとなく満足した様子のおじ様。
とりあえず、座布団1枚くらいはもらえたんだろうか。
なんとなく笑いも起こったし。

・・・でも、ロングテール的恋愛って、どんな様子?

解説しておくと、ロングテールは、ちょうどパレートの法則
(8:2)と対照的な法則。

パレートの法則というのは、
「上位の2割の人たちが、会社の8割の利益を稼ぐ」とか、
「2割の商品が、その会社の8割の売り上げに貢献している」
とか、そういうことで、
だから、その2割の商品のマーケティングをちゃんと
しておけば大丈夫、って考え方。

でも、Web2.0的には、
たとえば、アマゾンで売っている本は、ものすごい種類は
多いけど、1冊も売れていない本は、実は1冊もないらしい。
ってことで、全然売れてない商品、つまり、パレートの
法則的にはそんなところ目をつけなくてもいい、っていう
商品が、ネット上では結構大事、っていうロングテール
考え方が主流。

という考えをどんどん膨らませていくとだ。

今までは、パレートの法則的に、いかにもイケメンで、
優しくてちゃんと仕事していて金を持ってる人を狙って
きました。

でも、そんな人は世の中の2割くらいしかいなくて、
そういう人を、世の中の8割の女性が狙っています。

だから、これからの時代は、
そんな競争率の高いところを狙わずに、誰も狙わないような
市場を狙っていけば絶対に恋人ができます。

ってこと?

それとも。

これまでは、世の中の8割くらいの男性に受け入れられるように
ファッションとか態度とか、話し方とか、周りから飛び出ない
ように、保守的に、普通に生きてきました。

だけど、これからの時代は、
一部の人だけでいいから、世の中で一人でいいから、
すごく気に入ってもらえるように自分を形作っていけ、
ってこと?

前者は、なんだかちょっと売れ残ってしまった人の成れの果て、
みたいな感じがするし、
後者は、まだそこまで自分というものに自信がないので、
そんな勝負には出られるはずもなく。

新しい時代についていくのは、かくも大変なものなのか。

ほかに、いい例があったら例示してください。

2006年11月11日 (土)

永遠。

永遠。 Book 永遠。

著者:村山 由佳
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ひょんなことから、最近無駄に暇すぎる週末が続いている。
仕方なく、DVDをあさったり、本を読んだり。

手始めに、電車の中吊りで気になっていた本を買ってみた。
またもや村山由佳。
気づくと同じ作家の本ばかり買ってしまう癖があって、
この作家の「天子の卵」は、なぜかうちに2冊ある。
自分の買った本くらい、覚えておいたほうがいいと思った。

1時間もあれば十分読み終わるくらいの短い小説で、
短編集のどこかにでも入れたほうがいいんじゃないかと
思うくらい。
文章は1行づつあけてあって、無駄にページ数
稼いじゃってるし。

小説は、ほとんど、主人公の青年の思い出話で進んでいく。
幼馴染の女の子と、その母親、そして、その母親から
語られた、母親の昔の恋人=女の子の父親の話。
そうして、短大の生徒と講師として、父親に再会する
女の子の話。

感動して、ドトールで涙どぼどぼ流しながら、隣で
勉強している受験生らしき人にいぶかしがられながら、
それでも、「あれ?この話どっかで聞いたことあるような。。。」
でも、この本は新刊だし、さすがに、帰ったらもう1冊あるとか、
そういうことはないはず。

たった100ページくらいの小説を読み終わると、
小説の半分くらいボリュームのある、解説がついていて、
この解説を読むと、変な違和感の謎が解けた。

この小説は、ある映画のサイドストーリーとして
作られたお話だから、その映画のあらすじと重なってるのだ。

その映画が、「卒業」。

卒業 DVD 卒業

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2003/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この映画は、見ていないけど、あらすじだけ、どこかで
聞いたことがあった。
キャストは、堤真一と内山理名。
多分、内山理名が引っかかって映画は見に行かなかったのだと
思われる。

でも、小説を読んだら、どうしても映画と照合したくなってくる。
めったに一人では見ないDVD。
でも、どうしても見たい。今。

自宅の近くのレンタルショップは、小さくてあまり商品が
なさそうで、敬遠していたんだけど、勢いで入ってみる。

予想通り、小さい。少ない。
そして、韓流映画に激しく偏っている。

邦画の棚を一生懸命探す。
きっちり五十音順に並べられた棚。
サ行を必死で探す。

・・・結局見つからない。

仕方ないから、「4日間の奇跡」と、「Always」を
レンタルすることに。
純君dayってことで。

純君dayの感想はまた今度。

2006年11月 8日 (水)

那須旅行記(6)~リーサルウェポンとこぎつねヘレン~

午後6時。
再びアウトドアおたくの白いセレナに乗り込む。

この前紹介した数々の武器に加えて、
スピード違反を検知するカメラを発見すると
アラームを鳴らす探知レーダーだの、5.1chの
音響機器だの、さまざまな武器がこの車には
仕掛けられているわけだが、この短い旅行の
期間の間に、アップグレードした武器があった。

それが、この車のリーサルウェポン(最終兵器)、
19インチディスプレイである。

19インチ。
うちのテレビよりでかい。

このディスプレイは、運転席に引っ掛けてあって、
後部座席の人たちが大画面でテレビを見られる
ように設置されているわけだが、昨日の段階では、
まだ、配線作業が完了していなかった。

しかし、それではアウトドアおたくのおたく精神が
満足できなかったらしい。
若者が寝静まった後、真っ暗な那須高原の
寒空の下、朝の4時まで配線作業を行ったらしい。
しかも、そこはおたく的こだわりの配線なので、
車の内装にはできる限り影響を及ぼさないように、
ちゃんと蛇腹でカバーまでされている。

で。
このディスプレイ何のためにあるか。

アウトドアおたくが取り出したのはDVD2本。
渋滞にどうせつかまるだろうとしっかり予想していた
しっかりもののアウトドアおたくは、若者たちが
退屈しないよう、ビデオ鑑賞会の準備をして
くれていたのだ。

DVDの選択権は若者たちに任された。

選択肢は、
ナルニア国物語 と こぎつねヘレン

なんだこの比べようのない選択肢は。
聞くと、ナルニア国はもともと借りたくて、
こぎつねヘレンは特に興味なかったけど、
ビデオショップでなぜか邦画1位で、なんで
こんなものが1位なのか、気になって借りて
しまったらしい。

1位、といわれるとちょっと気になってきてしまうのは、
ミーハー精神だろうか。
ナルニア国って、いわずと知れた、ファンタジー映画でしょ?
私、ファンタジーは臨場感がないからちょっと・・・
というわけで、ビデオ鑑賞会は、子ぎつねヘレン
決定。

子ぎつねヘレン DVD 子ぎつねヘレン

販売元:松竹
発売日:2006/08/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

子ぎつねヘレンは、実話を元にした、目も耳も聞こえない
子ぎつねと少年のお話。
実話を元にしているから、ファンタジーではないだろ、と
思っていた私が間違っていた。

なんだか演出がものすごくファンタジーチック。
というか主人公の少年は妄想癖があるんじゃないか。
ファンタジーは嫌い、ってあれだけ言ったのに。

あと、無駄な人物が多いんじゃないかと。
この映画に松雪泰子の演じるキャラはぶっちゃけ
いらないんじゃないかと。

・・・とはいえ。
この映画にしようと言い出したのは、私。
ファンタジーじゃないやつ、ってことで、子ぎつねヘレンを
選択したのは、何を隠そう、この私。

だから、途中で投げ出すわけにもいかず、
まわりの若者が転寝を始める中、運転しながら
鑑賞するアウトドアおたくと2人、無言で映画を
見続ける。
蛇行する車。

見終わったとたん、アウトドアおたくが
ついに不満の雄たけびをあげる。
「なんだこれ、ハッピーエンドじゃないじゃないか!」

いや、結果が問題なんじゃなくて、そこにいたる
プロセスのほうが問題であったと、私は思うんですが。
ってか、アウトドアおたく。
その年で、映画はハッピーエンド、とか乙女チックな
こだわりをもっているとは。

子ぎつねヘレンが終わったところで、いったんSAに
入って、下僕の車と解散して、再びセレナに乗り込み、
ナルニア国がいいところに差し掛かったところで、
車は昨日の朝の集合場所にたどり着く。

ナルニア国の続きは気になるけど、旅行はここで
終了。
バーベキューで残った大量の野菜をもらい、大粒の
雨の中、みんなは散っていった。

それにしても、意外に面白そうだったなー、
ナルニア国。
今度一人で見なきゃ。

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 DVD ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2006/07/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年11月 6日 (月)

那須旅行記(5)~那須観光~

2日目。
高原の朝は優雅にテラスで朝食から。

朝食が終わると早速、昨日の
カオリちゃんのページを見ながら観光の
予定を立てる。
(あくまでもオフライン)

いまいちピンと来るところがなかったけど、
根気強く探したところでひとつ、心に残る
スポットが!

その名も、3D宇宙・恐竜館
なんて心をくすぐる名前!

後片付けをして、出発はお昼過ぎ。
一瞬寄り道をしていい景色を見て、
いよいよ3Dの世界へ。

車で30分も行っただろうか。
大通りを横道にそれると、○ホ○の商人の
集会所の目の前に、お目当ての建物が。

Dsc00906

・・・うん、わかりやすい。
駐車場の車、約5台。
(多分従業員所有)

屋内に入ると、まず渡されるのは、
3Dめがね
あの、片方が青、片方が赤になってて、
度は入ってないあのめがねね。

真っ暗な展示ルームに案内されると、
目の前に3Dの映像が現れる。
まずは、NASU号(多分NASAとかけてる)に
乗って出発。

木星やら土星やらの説明がもれなく3Dで
行われたところで、世界はいきなり恐竜世界に
突入する。
(宇宙と恐竜の接続ポイントは特になし)

途中から、あまりの3Dにちょっと気持ち悪く
なってくる。
車酔い状態。
酔ったことないけど。

3回くらい吐き気を催したところで、やっと出口。
これで、入場料1300円。

気づけば、入場する前のサーバールームが
ガラス張りになっていて、館内のすべての3D映像が
(小さいけど)全部モニターで見れるようになっている。
入る必要ないじゃん。

失望の中、大通りまで戻ると、そこには、おしゃれな店たちが。
そうそう。
本来那須ってこういうところ。
やっぱり横道に逸れちゃだめだ。

おしゃれ街道に戻ったところで、アジアンレストランで
腹ごしらえして、そろそろ那須ともお別れだ。

時間は夕方6時。
日曜の夕方、高速は当たり前のように渋滞している。
でもそれはまた、次の話。

無料ブログはココログ

ribbon

twitter

Booklog

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31