« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月28日 (月)

ASTALAVISTA

あれ?H(アチェ)が足りない!とか思ってしまったのは、
きっとイスパな人たちでしょう。

いくら、イスパをもう完全に忘れてしまったからといって、
まさか、間違えてるなんてこと、あるわけないじゃない。

これは、Hasta la vista(See you again)じゃなくて、
新しいDVDレンタルサービスの名前です。
(多分みんな間違えて発音しちゃうからHを抜いたんだね)

今度始まった、DVD自動レンタル機です。
先週末くらいから、日比谷に設置してあって、
気になったので、チラシをもらってきてみました。

クレジット番号をオンラインで登録しておくと、キャッシュレスで
DVDレンタル
できるんだそうな。

ジュース買うみたいに、自レン機で、ピッてDVDをレンタル
できるんだそうな。

借りたDVDはどこで返してもいいんだそうな。

ってことは。
たとえば、金曜の夜、日比谷駅でレンタルして、土曜日にうちの
近くで返却とか、そういうことしてもよいわけ?

すげーや、そりゃすげーや!

・・・とちょっと思ってみたが。

まずは、東京メトロ10駅からサービス開始」って。
10駅って、表参道、六本木、新宿、日本橋、大手町、日比谷、
溜池山王、四谷、麻布十番、上野だって。

・・・池袋がない!
返しに行けないじゃん。

しかも、24時間350円
土日持ってて月曜に日比谷に戻すとかってことになったらだよ、
1050円??
高い!高すぎるよ!
レンタルショップ行けば、1泊200円とかなのに。。。

さらには、とりあえず20タイトルくらいだって。
最新作だらけだから面白そうだけど、それにしても
すぐに見終わっちゃうねぇ。

ってか、よく考えたら、DVDを媒体でレンタルして媒体を
返させるなんて、新しそうで実は古いんじゃないのかと
思い始めた。

1回見たら再生できないように、うまくDVDに焼いて、
また持って来てレンタル機に入れたときだけ上書きできるとか、
そういう風にしたほうが安くならないか。
・・・うーん、難しいか。。。

ともかく、設置箇所が、もう少し北上してくるまで、
そうして、24時間200円を切るまで、もう少し様子見だな。

誰か、表参道とか麻布とか、そういうおしゃれゾーンに住んでいる
方は、体験レポートをお願いします。

2006年8月27日 (日)

Final Fantasy Ⅲ

ファイナルファンタジーIII Video Games ファイナルファンタジーIII

販売元:スクウェア・エニックス
発売日:2006/08/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

木曜日のこと。
前日気持ちよいくらいにちょうどよく飲んだので、
年休消化ついでに、まだ使ってなかった創立記念日と
いう理由をもっともらしく使って休んでみた。
なんか学生みたいだ。

そうして気持ちよく目覚めて気付いた。
今日は待ちに待った発売日だということに。

FinalFantasyには、幼いころの思い出がつきまとう。
私がFFデビューしたのはFFⅤ、まだ小学生のとき。
あのころ、あまり私たちはRPGには興味なくて、
もっぱらやっていたのは父親だった。

あれは、日曜日の朝だっただろうか。
朝の6時前から、階下で不穏な気配がして、
目が覚めた。

階段を下りて行ってみると、そこには血走った目をして
モンスター(確か大きなイカみたいなやつ)と戦っている
父の姿があった。
明らかに徹夜明け
40歳の大人が、ゲームで徹夜。

父親があまりにも楽しげだったので、私も朝のアニメとか
そっちのけで父親を応援。
そうしたら妹たちも続々と起きてきて、朝の6時半から
家族4人でFF3プレイ&観戦。
7時ころ起きてきた母親に、教育によくないと、激しく
父が叱られたことは、いうまでもない。

それから、父親に触発されて、RPGを始めた私。
でも、私の本職(?)はテトリスみたいなパズルゲームと
ボンバーマンなんだな実は。
だから、昔からRPGには攻略本が手放せない。
いっつも、ぶっとい攻略本を片手に、宝箱は取り逃さない
ように、モンスターに全滅させられないように、慎重に
最短距離で攻略を目指すマニュアル女になってしまう。

思えば、夏休みの朝、やっぱりFF5のスイッチを入れて、
あ。攻略本もってこないと、とかって席立ったときに、
テレビから煙が出てきたこともあったなぁ。

でも、もう大人なんだから、と思ったんだ。
だから、もう攻略本なんかに頼ってはだめだ、って。
人生にはマニュアルなんかないんだからって。

そうして、その日の午後直行で外出し、その帰りに
寄り道してお目当てのソフトを購入し、帰りの電車で
スタート。
攻略本なんかなくったってへっちゃらだい。

そんなプレイ3日目(時間にして4時間)。
順調にオーエンの塔までたどり着いた。
よしよし。この調子。
と思ってたんだけど。

入り口入ってちょっと行くと、いきなり行き止まり。
急にパーティーのみんなが集まって話し合いを始めて
しまう。

メンバー4の台詞:「かえるにでもならないと前に進めないよ」

へ?かえる?
かえるになる魔法って、トードだよな、でも私トード
もらってないんだけど。
どこにも売ってないんだけど。

ああああああ。
分からないーーーーー。
いらいらいらいらいらいらいらいら。

・・・・・・そうして、その15分後。
インターネットを検索し、無事攻略サイトを発見。

ああ。やっぱり先が見えるって安心だ。

今日は攻略本片手に、あのころの父親みたいに、
24時間テレビでも見ながら徹夜でもしてみようかしら。

2006年8月22日 (火)

パイロットフィッシュ

パイロットフィッシュ Book パイロットフィッシュ

著者:大崎 善生
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

角川書店の文庫本を2冊買うと、ブックカバー
もらえるから協力しろ、と妹にせがまれた。

角川書店って、そういえばあんまり買ったことないわ、
どんなのがあるのかしら、と田舎の本屋で物色
・・・したけど、なんかいけてそうな本がない!

それは、田舎の本屋だったせいなのか、それとも
角川のせいなのか。

そんな中、やっと見つけたのが、この本だった。
じゃあ今日はこの作家の本にしようと提案し、
妹の方に、もう私は持ってるアジアンタムブルー
渡し、私は、デビュー作のこいつを買うことにした。

この作品は、いわば、アジアンタムブルーの前身なので、
アジアンタムブルーの説明を軽くした方が分かりやすい
かもしれない。

アジアンタムブルーの主人公は、アダルト雑誌の編集者(山崎)。
その編集者が、撮影を通じて、カメラマンの女性(葉子)と出会う。
2人は付き合いはじめるけど、葉子は病気になって。。。
っていう、いわば大人のセカチュウみたいな話。

で、パイロットフィッシュの主人公は、40歳になった山崎さん。
周りの登場人物も同じ人たち。
その山崎さんが、学生のときの恋人、由紀子からの
電話をきっかけに、そのころつながりのあった人たちの
ことを思い出していく。

葉子とは出会わなかった、山崎のもうひとつの物語。

うーん、でも、やっぱりアジアンタムブルーがすばらしかった
だけに、こっちはちょっぴり物足りない感じ。
アジアンタムブルーの時は、葉子、という、確固たるヒロインが
いたけど、こっちは、由紀子が出てきたり、撮影で出会った
風俗嬢が出てきたり、はたまた学生のときの恩人が出てきたり、
そんでもって今の恋人が出てきたり、って、話の中心が
定まっていない風で。
やっぱりデビュー作だから仕方ないかも。

そういえば、アジアンタムブルーって映画になるみたい。

でも、この解説、どうなのさ。

愛する人が死を前にしたとき、いったい何ができるのだろう。
末期がんに侵された恋人と向かったニースでの日々。
喪失感の悲しさと優しさの限りない力を描き出す、
大崎善生原作の慟哭の恋愛小説が映画化。

って、これでは単なるセカチュウになってしまう。
いやセカチュウより何倍もベタなかんじに見える。
もしや、アダルト本の編集者っていう設定を変えてしまうんだろうか。
それは絶対だめだ。
あの設定変えたら、本質が伝わらない気がする。
R18指定にしても、そのままやってほしい。

葉子が松下奈緒なのも大変気がかりだ。
葉子のイメージって、小説だと、そんなきれいなおねいさんって
感じじゃないはず。
背が低めでやせっぽっちなイメージ。
適当な女優が思いつかないけど。

あ。アジアンタムブルーの話しかしてないや。

アジアンタムブルー Book アジアンタムブルー

著者:大崎 善生
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年8月20日 (日)

ハチミツとクローバー

田舎に帰ると、同窓会以外はやることのない私。
それぞれの用事で出かけていく妹たちを尻目に、
ウサギと戯れます。

でも、うちのウサギ、小屋の外にはでたいのに、
抱っこされるのが嫌いです。

せっかく小屋の外に放してあげても、部屋の中を飛び回る
ウサギを、見失わないように監視するくらいしか
やることがありません。

見ているだけでは暇です。
でも、部屋をあけていると、ウサギがテレビの
後ろとか行ってケーブルでもかじってしまう恐れが
あるので、部屋から出ることも無理です。

妹に相談したら、部屋から大量の漫画を持ってきて
くれました。

ハチミツとクローバー (1) Book ハチミツとクローバー (1)

著者:羽海野 チカ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今更、って感じもしますが、今までアニメしか見たこと
なかったんです。

しかも、アニメは大変面白いですが、水曜25時から
始まるという超大人向けなので、おこちゃまは眠くて
毎週見るのは無理です。

さらには、このお話、登場人物が多すぎて、見逃しちゃうと、
誰が誰に片想いで、今どういう状態なのかよく分からなくなって
しまう。

だから、ハチクロ2が放送始めたのを期に、読み直して
見ようって思ったんです。

改めて読んで見ると、なんともすばらしいです。
このお話、設定としては、みーんな片想い
だから、せつない、せつなすぎるんです。
5ページに1回くらい、せつなすぎてキューンってなります。

懐かしいこの感覚。
まさしくブルースプリング!!
こいつら本当に大学生か!まだ高校生くらいじゃないのか!
と突っ込みたいくらい、純情すぎる、青春片想いストーリーです。

そういえば、昔、会社のおじ様たちと、「猫好きは片想い好き」
という話で盛り上がりました。

だって、猫って、どんなにこっちが愛情込めて世話しようとも、
まったくこっち向いてくれないじゃない。
自分の都合のいいときだけえさもらうためにミューミュー
泣いて、かわいらしい顔して。
でも、こっちがえさをくれたとたんに、お前の役目は終わりだと
言わんばかりに、そっぽ向いちゃってどこかに秘密のデートに
出かけちゃって。

そんな猫のこと好きな人って、絶対片想いの切ない思いを
抱えた自分が好きに決まってるんです。

ちなみに私。
猫よりはやっぱり犬派。
犬はこっちがかまってあげた分だけ、こちらにも
忠誠を尽くしてくれる。
やっぱり両想いじゃないと寂しいよねー。

・・・って、犬だとか猫だとか考えてたら、蚊帳の外になってしまった
ウサギが、冷たい目で私のことにらんでました。

Dsc00797

だって、お前だって猫みたいに、人がかまってあげようとすれば
逃げたりかんだりするじゃないか。
私は片想いは嫌いなんだよ。

2006年8月16日 (水)

同窓会

小学校の同窓会、と言ったら、
小学校の何年生の同窓会?と聞かれて驚いてしまった。

何年生もなにも、うちは1年から6年までずっと同じメンバーだ。
それは例えば、長野県はクラス替えしない、とかそういう有名な
話ではなくて、うちの小学校には1クラスしかないから。

私の母校は、1学年1クラス。
1クラスは多くて30人。
全校生徒約160人。

そして、その小学校にやってくる子供は、たいてい
その近くにある3つの保育園からあがってくる子供で、
その3つの保育園の中では一応一番規模の大きかった
保育園から入学した私は、既にそのメンバーの2/3は
保育園のときからクラスメートだったことになるから、
その20人弱とは、小学校卒業時点でもう9年の付き合い
だったことになる。

そして、小学校卒業、とは言っても、みんなその後は
同じ中学校に進学。
クラスは違えどみんな同じフロアで生息していて、
だから、おもらししていたころから、思春期の真っ只中まで、
みんなのことは嫌でも把握していたことになる。

でも、当たり前のことだけど、高校に入ると、違う高校に
行った人たちは、もうなかなか顔をあわせることもなくなり、
素直になれない思春期の私たちは自分のことだけで
精一杯で、あのときのクラスメートがどうしてるなんて考えも
せずに、一人づつで走って生きてきた。

そうして私も気づけば東京8年生。
向こうに行ってから、しばらくは定期的に田舎の行事には
参加するようにしていたけど、都会の楽しさにかまけて、
成人式(こっちは夏)をサボったのをきっかけに、足が
遠のいていた。

久しぶりにあったメンバーたちは、みんなそれぞれ、
私と会っていない年の分大人になっていて、それでも、
顔を見れば、出てくるのは昔のあだな。

みんなでそれぞれ覚えている小学校の記憶をつなぎ合わせて、
それが一段落したら、会っていない間のそれぞれの人生を
一人分づつ辿っていって。

そんなことしてるうちに、

昔いじめっ子だった子も、
いじめられっこだった子も、

途中でぐれた子も、
勉強ばっかりしていた子も、

独身も、
既婚者も、
ヤンママも、
バツイチも、

気づけばみんなでお酒酌み交わしながら笑ってた。
まるで昨日も教室で話してたみたいに。

あのとき、どうしてあんなにみんなでけんかしたり
泣き叫ぶくらい悔しかったりしたのかは、どんなに
みんなで記憶つなぎ合わせても、結局よく分からなくて、
じゃあもうそんなことどうでもいいやって、言わなくても
きっとどこかでみんな思ってて。

まったく顔をあわせなくても、友情なんて育つんだなーって
みんなの顔見ながら思ったら、それは、卒業してから
誰もまともに水やらなかったけど大木に成長していた、
卒業記念にみんなで植えたトチノキにそっくりだとおもった。

Dsc00777_2

でも、ほとんどのメンバーがもう地元に戻ってきていて、
きっとこれから、またこのメンバーでコミュニティ作って、
みんなで生きていくんだと思ったら、東京にいる私は
蚊帳の外なんだと思って、なんだかふと寂しくなった。

明日からはまた、みんなのいない東京で、みんなとは
別に、生きていかないといけない。

2006年8月 9日 (水)

長野人チェック!

かおさんのご紹介で、チェックしてみましたが、
地元の人でないとまったくわからないネタが
あまりにも多いので、いくつか解説しようと思います。

長野人チェック!!

「信濃の国」を歌うことができる.

「信濃の国」は県歌です。
長野で配布される音楽のサブ教科書の歌集の、
一番後ろに載っていて、小学生の時に必ず習います。

長野県の川とか山とかそういうのが歌詞になっていて、
ふるさとの地理を覚えるには大変手っ取り早い歌です。

そして、学校行事の際には必ず歌います。
一番歌うのが嫌だったのは、市のスキー大会の
閉会式で歌わなきゃいけなかったこと。
吹雪ぴゅーぴゅーの雪の上で、5番まであるこの歌を、
しかもかなりのスローテンポで歌わされるのは、ほんと、
拷問です。

ってか、県歌って、どの県でも習うものだと、東京に来るまで
ずーっと思っていました。
他の県には、ないんでしょうか。それとも知らないだけ?

信濃の国の歌詞は、こちら

お仏壇は大田屋である。

大田屋も、ぶっちゃけ全国チェーンなのかと思っていました。
ってか、田舎人特有の現象でしょうか。
CMをやってる店は全部全国チェーンかと思ってしまいます。

CMの歌が印象的だったんですよ。

♪あいうえおおたやおぶつだん
 かきくけこころもなごやかに
 さしすせそ。。。 ♪

なんだっけ?葬式?

イナゴ、ザザムシ、蜂の子、蚕の蛹の佃煮を食べたことがある。

これ、地域によって食べるもの違うと思うんですよ。
うちのへんはイナゴです。
といっても、私の家にはおばあちゃんとかいなかったんで、
ほとんど食べたことないですが。

羽田孜が首相だったこと、県外の人憶えてないだろうなあと思うが、自分も他には省エネルック位しか憶えてないので何とも言えない。

覚えてます?羽田さん。
もうすっかり「アノヒトは今」状態ですよね。

そして覚えてます?省エネルック。
今思うと、あれが今で言うクールビズのはしりだったんじゃないかと。
確かに、半そでスーツという、ものすごい間違った方向に
進んでいきましたが、あれがあったからクールビズがあるんじゃ
なかろうかと。

田植え休みや稲刈り休みに県外に出掛けると、ズル休みと思われ、そんな休みがあることすら信じて貰えない。

ああ、ありましたね。
「春のお手伝い休み」&「秋のお手伝い休み」。
田植えの時期と稲刈りの時期に、確かに1週間くらい
休みがありました。
今はなさそうな感じですけど。
世の中の祝日が増えまくって、さすがにそういうのは
設けるのがむずかしくなったんでしょう。

ってか農作地域は、どの地域もあったんじゃないんですか。

ちなみに、うちは農業してなかったんで、あの休みは
天国でした。

おむすびころりんがつぶれてしまったことが悲しい。

え。
私が東京で油売ってる間に、潰れたの?
おむすびころりん。

ほんとだ!キャッシュしか残ってない。

ってかおむすびころりんって、長野の会社だったの?
またも全国チェーンかと。。。

小学校の卒業式にはもちろん「よい日よ~よい日よ~よい日今日は~」の歌を歌う。

歌います。
卒業生入場して、卒業式始まるときに、必ず歌います。
って、これも、全国的なしきたりじゃないんですか。
ってかこの曲なんて曲ですか。

長くなったのでこの辺で。
チェックを見て、ご質問があれば分かる範囲で回答させてもらいます。
(中南信のネタは分かりませんのでご了承ください)

2006年8月 7日 (月)

長野知事選

県外に住んでいると全然様子が分からなかったのですが、
気付いたら終わっていて、終わったとたんに大ニュース、
という感じでした。

みんな、この結果を意外だと報道しているようですが、
そろそろ、仕方なかったんじゃないか、と言うのが、元県民の
見解です。

元来、長野県の知事、というものは、よほどのことがない限り、
寿命が長いものです。
前代の「みずすまし」問題知事も、その前の知事も、約20年も
知事をやっていて、それは、ぶっちゃけ特になんにもやってないけど、
激しく衝突を起こしていないからなのです。
(だから、「みずすまし」くらいでも大騒ぎされちゃったりする)

最近、改革だとか変革だとか言われていて、波風立てて
大騒ぎして衝突して、ぐいぐい変えていこう、という風潮が
よしとされているみたいで、長野県民も、おそらくヤッシーが
出てきたときは、「そうしないとおくれてる」みたいな報道を
されて、当選したんだと思います。

でも、長野県民って、争いが特に嫌いな県民性をもっている、
と最近思うのです。

たとえば、一張羅のドレスを着ていったら、店員にだし汁を
こぼされたとします。
しょうゆではないので、おそらくあとから目立つことはありません。
多少よーーーく見ると残るくらいはあるかもしれません。
でも、一張羅です。
店員さんは、パーティーが終わったあとに着替えて持ってきたら、
クリーニングはしてあげると言います。

こういうシチュエーションのとき、東京の人なら、8割くらいの
人は、着替えてカウンターに持って行って、当たり前のように
「クリーニングよろしく」
というでしょう。

でも、長野の人は、8割がたそんなことはしません。
いくらクリーニングしてあげると言われても、そんなあとに
残るか残らないか位の事で、お店の人に謝らせて、お金まで
払わせて、恥かかせてやらせるなんてとんでもない、という
考え方の人が多い。

ほかの人から見ると、主張して当然の権利も主張するのを
拒むくらい、人に気を使うし、争いなんてもってのほか。

そういう常識からすると、変なこと言い出して、いちいち議会と
対立しちゃうみたいなヤッシーのやり方は、もう怒るを通り越して、
意味が分からなかったんだと思います。
非常識。

あと、長野県民って、派手な人嫌いな風潮があると思います。
派手って言うか、口が達者な人が。

そういう県民の中にいて、あれだけ派手にパフォーマンスするのは、
ちょっと空気読めてない、という雰囲気になっても仕方ないかと。

それも、知事としてのパフォーマンスだけなら許せるにしても、
雑誌の連載は知事になっても続けてみたり(しかも大衆紙)、
グラビアのお姉ちゃんと写真とってみたり、県政の大事な時期に
○○オネアで1000万とってみたり。

その点、(ぱっと見)無骨な感じのする対立候補さんは、
県民から見ると、なんと好感触な感じだったことでしょう。
絶対に目立たないけど、裏でなんとなく仕事しててくれそうな
あの感じ。
つぼつかんでます。

まぁでも、それが良いとか悪いとか、そういうんじゃないんです。
今まで県民は、(ある意味過剰なほど)衝突を恐れ、言いたいこと
言ってこなかったせいで、借金まみれになったことは否めない。
別にけんかしなくてもいいけど、言うこと言わないと前には
進めない。

これで元に戻った、ってほっとして、またなぁなぁになるのだけは
やめないといけないね。

2006年8月 6日 (日)

東京湾景

東京湾景 Book 東京湾景

著者:吉田 修一
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近、どうしても、「東京」と関係のある本を買ってしまうのは、
もう7年も住んでいるのに、実はあまり東京のことを知らないと
思い始めたからなのか、そろそろ、東京で暮らしていくことの
意味を本気で考え始めたからなのか。

この小説の舞台は、品川埠頭なのだけど、なぜか山側ばかりに
住んでしまう私にとっては、東京の中でも、「品川」は結構未知の
世界だったりするわけで、だから気になったのかも。

ってか、「東京湾景」って、どこかで聞いたことあるぞ、と
思ったら、月9で2年前にやってたのでした。
私も微妙に見たことあったぞ。

でも、読み終わってもしばらくこのドラマに思い当たらなかったのは、
ドラマとこの小説の中身が全然違ったからだな。

ドラマのときは、主なテーマは、在日韓国人と日本人の恋、だった。
韓流がはやり始めたからなのか、パク・ヨンハとか出たりして。
しかも、ヒロイン(仲間由紀恵)のお母さんと主人公のお父さんが
実は昔恋人同士だった、とか、かなり関係が複雑になってきて、
その辺で見るのやめたんだったっけな。

でも、原作は特にそういう大きなテーマはないわけだ。
ただ、出会い方がちょっと変わってるだけ。

お台場で働くOLと、品川埠頭で働く作業員が、日常生活から
逃れるために、出会い系サイトに登録して出会う。
あのころのお台場と品川って、東京湾をはさんだだけなのに、
電車だと陸を回っていかなきゃいけなくて、2人の関係も、
そんな近いけど遠い関係からなかなか抜け出せなくて。
でも、りんかい線と一緒に近くなっていく。
そんな、東京の変化と2人の変化を重ね合わせた物語。
って、このままの方が、なんか月9っぽいな。

ただ、文章がいたって静かなので、特に小説の最初のほうは、
眠気を誘われることこの上なし。
だんだん物語が盛り上がってくると、腰をすえて読めるんだけど。
ちょっとお話が大人すぎたかしら、とも思う。

んー、★★★☆☆、くらいだな。

2006年8月 5日 (土)

ウサギ

ペットブームが叫ばれている昨今ですが、
うちの親戚は、そんなもの叫ばれる全然前から、
ペットなしでは語れません。

親の兄弟の家には、もれなくペットがいて、
その大半は犬。
しかも、それぞれ、「うちのペットが一番」と本気で
思っているから、親戚が顔をあわせると、
それぞれ実物、もしくは写真を見せあい、
「うちのペット自慢」&「おたくのペット批判」
親戚が一人づつやってくるたびに、それはそれは
激しいつぶしあいが展開され、子供たちはその間で
おびえながら過ぎ去るのを待つしかありません。

そんな身内ペットブームにおいて、もちろん、うちも例外では
ありません。
最初は犬(雑種)でしたが、その後、妹が学校で飼育していた
モルモットをもらってきてからは、4年くらいしか寿命の持たない
モルモットがいなくなった次の日には、新しいモルモットを
買って来ていました。
そして、とっとこハム太郎ブームと平行して、
ハムスターに移行。
やっぱりハムスターも3年くらいが寿命なので、いなくなる
たびに次の週には新しいハムスターを補充してきました。

そうして、3代目ハムスター☆りぼん☆が3月にいなくなって、
今は、その後を、マーチが引き継いでいます。

Ribon
(これはりぼん)

しかし。
最近大学を出て実家に舞い戻った妹は、どうも
このマーチと反りが合わないんだそうな。

そもそも、ハムスターと言うのは、臆病な動物で、
人にはなつかないものです。
加えて、夜行性だから、昼間はほとんど、綿でこしらえた
ベッドにこもって人前には姿を現さず、夜、部屋が暗くなると
がさがさと出てきて、お決まりの風車みたいなところで
トレーニング。

しかし、りぼんは違っていました。
みんながご飯を食べていると、がさがさとベッドから出てきて
えさをねだり、人の手の上でえさを食べることもよくありました。

そういうりぼんに比べると、元来のハムスターの素直な姿である
マーチが、気に入らないというのは、ちょっとお門違いな気も
するのですが、毎日一緒にいると、そういうもんかもしれないです。

そうして、親戚の結婚式で田舎に一瞬帰省していたこの前の
日曜日。
新幹線に乗るために県庁所在地まで連れて行ってほしいと
父に頼んでいた私の横で、妹、
「じゃあ私もウサギ買いに行くよ」

突発的な一言でしたが、妹は、もう1ヶ月も前から、
ウサギを飼うことに決めていたんだそうです。

ウサギのことなんて何も知らないまま、ペットショップへ。
感じたのは、意外にウサギって、大きい。
いつもハムスターばかり見てたから、それはちょっと
怖いくらい、でっかいんです。
しかも、妹の希望する、ロップイヤーはその中でも
でかい方。

妹も、ちょっとびびったようです。
でかいロップイヤーはちょっとだけ見て、すぐに隣の
小さいウサギに変更。
新幹線まで時間がない私と、夜勤までの時間がない妹。
そして、飲み会までの時間がない父。
ペットショップの滞在時間はたった15分で、ウサギを
衝動買い。

Usagi

ネザーランド・ドワーフという、飼いウサギの
中では一番小さいウサギで、ピーターラビットのモデルにも
なった種類らしいです。

この種類だったら、ハムスターと違って、抱っこしながら
えさも食べるし、家の中で放し飼いにすれば飼い主のあと
くっついて回ることもあるんだそうな。

ちなみに、ウサギはハムスターとは違い、平均10年は
生きるんだそうな。
飼い主は、途中で飼育を放棄してはいけないため、妹は、
この子がいなくなるまでは、面倒を見なければいけません。
こいつのせいで、動物嫌いの男と結婚できなくなる、ような
ことがなければいいんだけどね。

2006年8月 3日 (木)

活動再開

今年再来するのは、どうもBONNY PINKだけではないらしい。

いきなり目に飛び込んできたニュース。
それは、My Little Lover活動再開のおしらせ

私の、マイラバへの力の入り具合は前にも書いたと思うけど、
(どこに書いたか見つからない。。。)
子育ての忙しさもあってか、それまでもほとんどまとまった
活動をしていなかったマイラバが本気で「隠れて」しまってから
はや2年半。

もう帰ってこないんじゃないかと思っていました。

それが、この前のap bank fesで、Bank Bandが、名曲
「evergreen」をカバーして、多分それが呼び水に
なったんでしょう、やっと、AKKOが動き出しました。

今年は、AKKOのソロ・プロジェクトとして活動していくんだそうな。

そういえば、マイラバは、ちょっと活動するとすぐ休みます。
確かデビューは1995年。
そこから、98年くらいまで活動したでしょうか。
STARDUST」の最後の言葉、「隠れていよう」という
言葉と一緒に、最初の活動休止。
調べたら、あのときの活動休止も、2年半でした。

そうして、2004年まで活動して、また休止。
そして今、活動再開。
11年の間、5年間は休んでいたことになる。
デビューのときに確か19歳だったAKKOも、もう30歳?

でも、それがまたマイラバらしくて、いいような気もする。
なんとなく、LOHASな感じで。
AKKOには、あくせくせずに、ゆったりと、歌を歌っているのが
似合っているから、そういう生き方もあっていいと思える。

何はともあれ、オフィシャルサイトでの、ダンナの
愛情あふれるエールを読んでいる限り、AKKOは、
またもや彼女らしく、いい歌を歌ってくれるような
期待が膨らむ。
もう一度、期待しても良いよね?
特に急がせるつもりはないけど、これだけ待ったんだもん。
再開を発表したからには、早いとこ、いい曲を歌ってください。

無料ブログはココログ

ribbon

twitter

Booklog

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31