« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月20日 (火)

CHIMPAN NEWS CHANNEL

暇な部署から忙しい部署に移って半月。
これが、会社にとっての、正しい姿であると言い聞かせながら、
日々残業をしています。

そんな夜も遅い日の楽しみは、深夜番組。
最近あまり見てなかったんだけど、テレビつけたら偶然
やってる番組が、面白い面白い。
久しぶりに、私のテレビっ子魂に、火がつきました。

終電乗って、家帰って、テレビつけると8chでやってる
番組が、CHINPAN NEWS CHANNEL

こいつが、なんとも言えず、シュールです。

なんでも、
日本の小学生の数は1,350万人。
犬の数は登録してあるだけで1,700万匹。
テレビ局はもはや子ども向けの番組を作るよりも、
動物に向けた番組を作るべきである。
そんな発想からできたのが、動物による動物のための
情報番組。
『チンパン・ニュース・チャンネル』

と、いうことらしいです。
(番組オープニングより)

コンセプトどおり、司会が、チンパンジー
ゴメス・チェンバリン。
そして、アシスタントはニホンザルと亀。
挙句の果てに、ゲストは人間(番宣兼ねたお笑い芸人)で、
チンパンジーと掛け合いをしながら、番組を進行する、
という、人を食ったような番組です。

チンパンジーだから、時には暴れたり、話と全然
違うことしてたりしますが、そういう時は、天の声が、
「ご尤もー」とチンパンジーの口癖を叫びます。
これがなんとも人をバカにしたような、「ご尤も」。
心の底から絶対思ってないだろ、っていう。

見てるとなんだかちょっとむかついてきたりしますが、
頭空っぽにして、まったりテレビ見るにはぴったりです。

ちなみに、どんなに忙しい部署でも、水・金は関係なくても、
給料日はやっぱり一斉退社らしいです。
じゃあ早く寝れば?と思ったりもしますが、きっと、この番組
みたさに、ゲームしながら夜更かししそうな勢いです。

2006年6月19日 (月)

だれかのことを強く思ってみたかった

だれかのことを強く思ってみたかった     集英社文庫 Book だれかのことを強く思ってみたかった 集英社文庫

著者:角田 光代
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「今まで三田だったんだけど、今度から小金井になっちゃうんだ」
「遠くなっちゃって大変だねー」
って、異動してきたとたんに言われても、はっきり言って実感が
わかない。

だって、その訪問先は、私の中ではもともと小金井に
あったことになるんだから。

しかし、「もともとそこにあった」、にしても、ちょっと遠い。
ちょっと遠いところに行くときは、前の日から落ち着かない。

そんな落ち着かない気持ちで訪れた本屋さん。
旅行ガイドブックを買うついでに、「遠出のお供」も
物色してみる。

そうしたら、面白い本にめぐりあった。

一年間にわたり、角田光代と写真家・佐内正史がふたりで巡り、
それぞれが切りとった、東京という街の「記憶」

(背表紙解説)

東京を横切る中央線の中で開くには、なんとも似つかわしい
一冊だと思った。

そうして、小金井までお使いに行く中央線の中、
この本を読んでみる。

角田光代の、小説、というには短すぎる、だいたい4ページ
くらいの文章。
その1篇が終わるごとに、佐内正史撮影の東京の写真が
現れる。

角田光代は、最近読み始めた作家だが、文体は、江國香織に
ちょっと似ている。
小難しいこといわない、あっさりさっぱりとした文章。

でも、全然違うのは、角田光代の描く主人公や、そのまわりの
人たちは、明らかにちょっと不幸で、しかも、自分が不幸だって
ちゃんと認識している。
その点、江國の描く人物(主人公)は、明らかに周りから見ると
不幸なのに、自分が不幸だなんてこれっぽっちも感じていない。
むしろ、こんな幸せな人間はいないと思い込んでいる。

この、「自分が不幸だってちゃんと認識している
ところが、きっと共感できるのだ。
別に、私の境遇が、あからさまに不幸であるわけではないけど、
100%ポジティブで幸せな人なんて、きっといない。
それでも、毎日ポジティブであること、弱音をはかないことを
求められている中で、こうやって、素直にネガティブである人物
たちを見ると、なんだかほっとする。
そうそう、常にポジティブじゃなくてもいいんだ。

そして、そのあとに続く、東京の街の写真。
これが、なんとも不思議な感覚をかもし出す。
だって、この景色、「絶対見たことある」のだ。
しかも、あの時見た、とか、そういう次元じゃない。
家の近くで毎日見かけるような、そういう景色。
でも、よく目を凝らして電柱の住所とか見てみると、
それはやっぱり私の全然知らない住所。
知らない景色なんだ。

そうして白黒の写真と、白黒の雰囲気の物語を
読んでいくと、最後に、パーっと写真がカラーになって、
ああ、やっぱりこの景色は、知ってる景色とはちょっとだけ
違う、私の物語ともちょっと似てるけど、やっぱり私
こんなに不幸じゃないや、って、現実に戻って、終わって
いく。

帰り道。
小説を読み終わった私は、今度は、窓を流れる、
本物の景色を見ながら、2時間休とって直帰した。

2006年6月18日 (日)

きょうの猫村さん2

きょうの猫村さん 2 Book きょうの猫村さん 2

著者:ほし よりこ
販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

とある有料サイトで、1日1コマの漫画として、連載されている
ようです。

で、1巻を買ったのが、昨年末。
1日1コマってことは、2巻が出るのは2年後くらいじゃん?
って思っていたら、なんのことはない。
たったの半年で、第2巻が出てきました。
いったいこれはどういうことなんだろう。

第1巻はほとんど登場人物の紹介くらいで終わった気がしますが、
2巻になって、躍動感が出てきましたね。
物語が、進んでいる感じがします。

娘さん(尾仁子)がだんだんと心を開いていく様子、
奥様とだんな様の関係。

でも、一番大きな出来事は、秘密の部屋の正体が分かったこと。
第1巻で、なんだか不気味な存在だった秘密の部屋の謎が
解けたことにより、話が一気に進み始めます。

それにしても。
猫の行動を見ながら、自分の行動をふと振り返ると、
反省すべき点が多々あることに驚かされます。
この猫、人間関係のあらゆるところに首をつっこみたがる、
いわゆるおせっかいさんなのですが、それは、好奇心では
なくて、その人のことが心配だから、首突っ込んじゃうわけです。

その点、私は他人のことに、ちょっと無関心を決め込みすぎじゃ
ないかと。
首突っ込むといいことないような気がして、とりあえず言われるまで
黙ってることいっぱいあるんじゃないかと。

もう少し、自分のリスクばっかり気にしないで、他人のために、
ちょっとがんばらないとなぁ、と思ってしまう私。

・・・それ以前に、人に迷惑をかけるのだけは、最低限
やめるようにしないとなぁ。
いや、わざと迷惑かけてるわけじゃないのよ。
ただやり方がわからないだけなのよ。

2006年6月17日 (土)

Let's try SWIMMING!

異動して早々、
「営業はストレスがたまるから、たまったら適宜解消すること」
と部長から言われたこともあり、なにかストレス解消法を
探そうと思いました。

ゲルマニウムも悪くないけど、もうじき、季節は夏。
そうしたら、きっと、夏らしいストレス解消法がいいのでは
ないかと思いました。

そうだ、水泳やってみよう

というわけで、形から入る感じで、水泳用具一式を買いに
行ったのが先週のこと。

・水着(ハイレグじゃないやつ)
・帽子(メッシュじゃないやつ)
・ゴーグル
・タオル(ビニロン製のやつ)

ビニロン製のタオルは、形から入る上で私の中で必須でした。
だって、昔行ってたスイミングのコーチのタオルは、みんなこの
ビニロンタオルでした。
そのときから、私の中では、スイマー=ビニロンだったわけで。

そうそう。
小学生のときは、スイミングスクールに通っていたのです。
3年間くらい。
バタフライまではいかずにやめちゃいましたが、平泳ぎと
クロールくらいはできます。

他のスポーツは全然自信ないけど、泳ぐのなら、普通に
エクササイズとして続けられるはず。

・・・そう、思っていたこの1週間。

今日、早速行ったのは、400円で2時間泳げる区民プール。
2時間なんてすぐ終わっちゃうよねーと思って、急いで
着替えてプールに入ります。

でも、この前泳いだのは、1年前のサイパン。
しかも、あれって泳いだっていうか、漂ってただけ。
シュノーケルだから息も弾まないし。

そしたら、いきなり泳いだら足つっちゃったりして
かっこわるいかも、と思い、とりあえず、ウォーキングの
コースに入って、軽くウォーミングアップ。
おじ様、おば様の列に混じって、ゆっくり歩きます。
区民プールだからなのか、なぜか、おじ様、おば様が
多い。

100mくらい歩いて、もういいんじゃないかと思いました。
早く泳がないと2時間経っちゃうよ!

じゃあ、とりあえず平泳ぎから、と、競泳用のコースに
移ります。

ゆっくり、平泳ぎ。
とりあえず、100mくらいやってみるかな。

と、思ったのもつかの間。

50m泳いだところで、息が弾んで、これ以上連続では
泳げません。
はぁはぁ言いながら、とりあえず、邪魔にならないように
プールから上がります。

・・・まだ、ほんの1往復。
ちょっと待て。かっこよくクロールして、今日は少なくとも
500mは泳ぐんじゃなかったのか。

なんてこった。
知らない間に、こんな衰えていたなんて。
失望する私の前のプールでは、キャーキャー言いながら
泳ぐ小学生と、ウォーキングするおじさまおばさま。

そのときふと思いました。
DSで脳年齢を鍛えている場合じゃなかった。
本当に鍛えるべきなのは、実は体だったのだ、と。

・・・結局、休み休み、300mくらい泳いで、あとの200mは
ウォーキングで稼いで、ごまかしつつ500mのノルマを達成し、
2時間なんて全然持たず、たったの1時間でプールをあとに
してきました。

こんなんじゃ、だめだ、わたし。(息切れ)
少しづつでも、毎週泳がないと。

今年の夏は、週1で、体鍛えようと思います。

2006年6月14日 (水)

ULTRA BLUE

ULTRA BLUE Music ULTRA BLUE

アーティスト:宇多田ヒカル
販売元:東芝EMI
発売日:2006/06/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Amazonで予約しておいたら、発売日ピッタシに届きました。
最近、メール便で届けてくれるので、配送の時間と家にいる時間
あわせなくてよくなったので、本当に楽ですね。

さてさて。
宇多田のアルバムは、ベスト版以来ですかね。
そうすると、丸3年ぶりくらいの間隔ですかね。
よく覚えてないですが。

宇多田って、普段忘れてるけど、CM聞くと、どうしても耳に残って、
気付くと、レンタル屋さん行ってたり、iTMSでダウンロードしちゃう、
そういうアーティストです。私の中で。

だから、今回のアルバムの曲で、シングルになっているものは、
実はほとんど既にiTMSでダウンロードしちゃったりしてます。
そうすると、本当はいらないんじゃないかと思われちゃったり
しますが、やっぱりアルバムって、それはそれで1つの作品
なんだと思うわけです。
組曲みたいな感じで。
だから、それはそれで買うべきだと思うわけです。

ただ、今回のシングル以外に収録されなかった曲を聴いてみると、
なんだかちょっと盛り上がりに欠けるような気がするわけで。

昔、気付くと宇多田ばかり聞いている私に、
宇多田って、どこがさびなんだか分からないよね
と言ってきた人がいましたが、シングルになった曲はともかく、
確かに、シングルになってない曲は、そういう面があるのは
否めない気がしてきます。
まぁまだ全部聴いてみたわけじゃないけど。

とりあえず今気になっているのは、なんでアルバムタイトルが
ULTRA BLUE なのに、ジャケットの衣装が真っ赤なのか、
ということです。

2006年6月11日 (日)

wedding(もう何回目?)

会社に入ったころ、先輩に教えられたこと。
それは、結婚する時期には、波があるんだということ。

1回目の波
それは、入社2~3年のとき。
このタイミングで結婚する人は、学生の時から付き合ってて、
その勢いで結婚するカップル。

そして、2回目の波
それは、入社4年目~5年目くらい。
学生の時に付き合っていた人とは価値観が違ってきて、
改めて、社会人になってから知り合った人と結婚する
パターン。

1回目の波は結構小さかった気がするが、今日、
間違いなく2回目の波がやってきているのを感じた。

6月の週末。
いかにも、という感じのジューンブライド
その2次会のあとの、なだれ込み3次会。

後ろで、まさしく、両家の友達集まっての「異業種交流会」が
浅ましく繰り広げられている中、「新郎側の女友達」に
出る幕があるわけなく。

合コンからあぶれたメンバーで話をしていると、なんだか
みんな、そろそろ決めちゃってる人もいるみたい。
決めてまではいなくても、結構みんなもう彼氏、彼女もいて、
あとはタイミングなんじゃない?って感じのオーラも出ていて、
おいおいこれは、お祝い貧乏のはじまりなんじゃない?

それにしても。
人は、いつ、どんな雰囲気のときに、人生の第2ステップを
歩き出すことを決断するんだろう。と思う。
第2ステップに行ってもいいかなぁとは思うことはあっても、
なかなか、じゃあどうするんだっけ?みたいな感じになって、
何から始めていいかよく分からないまま、「まいっか」的状況に
なることってないんだろうか。

「第2ステップ行きたいなぁ」は、まだまだ夢見る少女
気分。
それが、「第2ステップ行こう」って決断した瞬間、それは
いきなり現実のものになってしまうんじゃないか。

現実とはつまり、
ご両親に挨拶行って、
式場決めて、
ドレス決めて、
引き出物決めて、
旅行先決めて、
家決めて、

っていう手順を踏んでいくことなのだ。

結婚したいなぁ、は、手順踏みたいなぁ、ではない。
それが、結婚しよう=手順を進めよう、である。
まるで、仕事を進めるみたいな言い分だ。
途方にくれてしまう。

って、きっと、こんな風に考えてしまううちは、
まだ大人にはなれないんだろうなぁ。

・・・第2波にも、乗り遅れる気がする。

2006年6月 8日 (木)

「へんな会社」のつくり方

「へんな会社」のつくり方 Book 「へんな会社」のつくり方

著者:近藤 淳也
販売元:翔泳社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最初に断っておくと、私は、「社長が語る会社経営」の話は
大っ嫌いです。
そういう類の本とかblogとか、見るだけで虫唾が走ります。

理由はよく分からないけど、

・明らかに自分の会社の宣伝目的
・そもそも、お前は本当に成功者なのか。
・大上段から物を言い過ぎ。
・ときに説教くさい。
・インテリっぽい言動が多い(イメージ)
・自画自賛過ぎ

この辺がやな雰囲気かもし出しているんじゃないかと
思っています。

そんな私が初めて読んだ、「社長が語る会社経営」が、
この本です。

会社のイントラで、これに似た名前のHPがあるので、
ちょっと気にしてみていた「はてな」。
最近は、気になる言葉をぐぐると、かなり上の方で、
Wikipediaと同じくらいの勢いで、ひっかかってくるように
なりました。

でも、Wikipediaは、百科事典を目指しているので、
たとえば、MEGUMIとかひいても、結構体裁だけは
インテリっぽい感じ。

一方はてなは、MEGUMIを人力検索すると・・・
グラビア出身のmegumiさんの体重を教えて下さい。

・・・あほですよまったく。
まったく体裁を整える気がない。

この、まったく気取らない感じが、はてなです。

そして、そのはてなそのものが、この会社の社長さんです。

まったく気取ってないため、高知行き帰りの飛行機を
使って、半分寝ながら読んでもすらすらすらすら読めます。

鼻につく感じも一切ありません。
とことん謙虚な文章です。

「立ったままの会議」とか、「社内会議をユーザにポッド
キャスティング」とか「ToDoリストを箱にメモ投げ込んで管理」
とか、一回R25で載ったから、きっともう有名ですが、すごいのは
その制度じゃなくて、そういうことを何気にやってしまって
いるところだと思うんです。

「会社はこうあるべき」と考えて、体裁ばっかり整えて、
中身空っぽの会社がたくさんある中で、シンプルなことを
シンプルなまま考えて形にしていく、というその経営姿勢は
本当に斬新です。

かなりはてなに傾倒してきて、とうとうはてなに登録して
しまいました。
ribbonのはてなブックマーク

Blogも、気付いたらはてなに移行してたりするかも
しれません。

2006年6月 7日 (水)

いただきストリートポータブル

ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート ポータブル Video Games ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート ポータブル

販売元:スクウェア・エニックス
発売日:2006/05/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

何しろ、自分の送別会だって分かったのが5月の終わり。
で、その次の日が送別会だったわけで、そうすると、私の
まわりの人が、私の送別会だと気付いたのは、「今日の今日」
ということになります。

そんな、お互い何の心の準備もできていない状態の中、
お昼間際に、そういえば、プレゼント買わなきゃいけないんだけど、
って言われて、そんなとっさに欲しいもの聞かれても、
物欲がそもそもそんなにない(と思っている)ので、何を
指定していいか分かりません。

テレビは買っちゃったし、まだそのときの状態では、NINTENDO
DS
も購入していなかったわけで、ちょうど宙ぶらりんだった時期。

10分くらいまじめに悩んだ挙句に、思いついたのがこのソフト
だった、というわけ。

内容を簡単に説明すると、要はモノポリーの類だと思います。
すごろくしながら店や株を購入し、店をでかくし、株を売買して、
資産が一番多い人が勝ち。

簡単なルールですが、意外にはまります。
うまくさいころが転がらなくて、店買えないときはいらいらするし、
あるエリアの店を買いまくり、そのエリアの株を買い、
その株が上がったりすると、なんだかテンションがあがってきます。

そして、他のプレーヤー(コンピュータ)がさいころ振ってる間は、
操作する必要がないので、片手間でやるのに最適です。
それはたとえば、インスタントラーメン作りながらだったり、
電車の中であったり、友達と電話(スピーカー)しながらだったり。

グロいの嫌い、難しいの嫌い、な私には、もしかしたら
MHPより向いているかもしれません。
でも、あえて言わせてもらうと、このゲーム、どちらかというと
DS向きな気が。
PSPの超良質画面で、3Dまで使って、すごろくする必要は
まったくないですね。
無駄に画面作りこんでいるせいで、異常にロード時間が長く
なってしまってます。

常にゲームは計画的に購入してきた私にとって、
マリオ(DS)と、いたストを両方やらなきゃいけないという状況は
かなり珍しいことで、手に余ってしまって、どっちも進まない。

今日も1ゲームやってから寝ようと思ったけど、もうこんな時間。
明日は朝一で高知に行かなきゃなので、1ゲームはあきらめて、
もう寝ます。

2006年6月 5日 (月)

NINTENDO DS 行列

発売直後にPSPを買ってしまった私。
最近ソフトのラインアップをにらみながら、これは
賭けに負けたかもしれない、ということを薄々
感じてはいましたが、「ギブって言った人が負け」、って
柔道家みたいな理念で、このままPSPで貫こうと決めていました。

だから、まさか、NINTENDO DS(Lite)を購入
することになるなんて、夢にも思いませんでした。
少なくとも日曜の朝までは。

それは金曜の夜のこと。
昔の仲間と久しぶりに女飲みをして、気分よく終電に揺られていた
ときに、私にある指令が。

日曜、立川ビックに、NINTENDO DSが1000台入荷予定。
ついては列に並ぶので同行するように。

いつビックに立ち寄っても、いつも売り切れていたNINTENDO DS。
任天堂がしらじらしく、山手線の中吊りに、足りなくてすみません、
と広告を打つことによって、横並び思想の日本人の心を、
必要以上にくすぐっていた今日この頃。
そこに、今度こそ手に入りそうな情報が入ったら、もともと
狙っていた人はもちろん、ゲームなんてあってもなくても変わらない、
と思っていた人も、ちょっと並んでみようかと思わずには
いられない、そんな雰囲気でした。

そうして7:30起きで向かった立川ビック。

ここから、ながーい本日の行列模様を、故障報告書チックに、
時系列でご紹介していこうと思っています。

10:00 立川駅到着
10:10 立川ビック到着。最後列(駐車場前)につく。
      行列には既に300人くらいの人。
      付き添いのつもりだったけど、発売して半年も
      たった商品に、いまだこんなに行列ができることに
      ちょっと感動。すごい欲しかった気がしてくる。

10:20 整理券を持った店員がやってくる。
      付き添いのはずだったのに、列にいるからには
      買わないといけない気分になってきて、勢いで、
      「じゃあホワイト」と言ってしまう。
      
247番の整理券をゲット。
      
しかし整理券に書かれていた言葉は、
      「これは整理券ではありません。列から外れると
      最後尾に並ぶことになります。列を外れるときは、
      前後の人の了解を得て外れてください。」

      
どうして?整理券の枚数=入荷数なんじゃないの?
10:40 やっと行列がちょっと動き出す。
      駐車場前から、入り口の横っちょの方まで
      前進する。
      ここから、20分に1回、5mづつ、店の入り口に
      近づく、という牛歩戦術が始まる。
      それは、あたかも、初詣の善光寺(長野県民以外
      分からない)状態。

11:10 やっと店の入り口、「最前列」にたどり着く。
11:30 店内への入場が許される。
      ここから一気に店内に走りこんでげっと!
      ・・・と思いきや、ここまではまだ助走に過ぎなかった。
      1階で売られていたのは、電子辞書と携帯電話。
      NINTENDO DSは置かれていない。

      2階に誘導される。
12:00 2階と3階の間の階段踊り場付近。
      まだまだ上に続く行列。
      業を煮やした私は、DSの行列でPSP(いただきストリート)を
      はじめるという暴挙に出る。
      いったい、このビルは何階まであるんだ。

12:30 3階と4階の間。
      階段を巡回していた店員に、私たちの5人くらい
      後ろの男性(30代半ば?)がついにきれる。
      「いったいいつまで並ばせるんだ。レジはいくつ
      あるんだ。手際悪すぎるだろ」
      適当に言い訳してなにごともなかったように巡回を
      再開する、森三中似の店員。
      みんなの冷たい視線も、全然目に入っていないようだ。

12:50 5階。
      上を見上げると、店内のフロア紹介。
      6階のところに「ゲーム」の文字。
      ということは、6階か。
13:10 6階入り口。
      目の前にDS用レジの行列。
      レジは4つあるらしい。
      いただきストリートの電源を切って、泥棒と間違え
      られないようにする。

      前を見ると、なぜか、この行列の先頭で、レジの
      ところでBicCameraSUICAの申込書を書いている人。
      店員は、どうしてこの非常事態にそんなもの勧めて
      しまうのか。

13:15 レジの人に呼ばれ、購入。
      とっさに、横においてあった保護シートと、ソフトも
      一緒に買っていいというので、マリオを一緒に購入。
      既に色は分かってるんだから、袋詰め先にしといて、
      袋ごと渡せばいいだろうに。
      しかも、ゲームはいつでも買えるんだから、あとで
      選ばせて、違うレジで購入させればいいんじゃないのか。
13:25 店を出て、向かい側にあったPRONTOで、やっと
      お昼にありつける。
      窓から見えるのは、いまだに行列に並んでいる人たち。
      きっと彼らは、そろそろ買えるんだと楽しみにしている
      ことだろう。
      これから、6階までこの地獄が続くなんて夢にも思わずに。

そんなこんなで、行列に並んで3時間半。
4年位前に、東京タワーで初日の出見ようと思って元旦の夜中に
並んだときよりも長時間並びました。
新記録です。

故障報告書的には、長時間故障のときは改善策を考えないと
いけないので、ちょっとまとめておきましょう。

■改善提案
・1階に特設レジ(10台くらい)を配置すること。
・専用レジでは、あらかじめ商品を袋詰めしておき、一人1分
 を目標に裁いていくこと。
・ポイントつけるために時間がかかるのであれば、この際
 現金のみということにしてはどうか。
・専用レジでは、ゲーム機のみを販売すること。
 ゲームソフトやアクセサリは、別のレジに誘導すること。
 ましてや、カードの勧誘なんてやってはいけない。
・このくらいの対応が取れないのであれば、1000台入荷なんて
 堂々と張り紙しちゃうなんてことはしないこと。
 有楽町や新宿みたいに、ゲリラ的に入荷させ、行列ができないよう
 配慮すること。

まぁでも、ここまで苦労して手に入れたDSは、なんだかすごく
貴重な感じがして、大事に使おう、とか思っちゃってるわけですが。
 

2006年6月 3日 (土)

farewell

それは、今週の月曜のこと。
部長から、グループのMLに1通のメールが流れてきました。

「6月1日は夏に備えてスタミナ作り」

部長のお気に入りの焼肉屋さんにみんなで行きましょうと
いう内容でした。
飲み会で、何かの発表があるようです。

飲み会の幹事を勝手に企画しだして、もう3年の私。
今回も、行きたい店は書いてあるけど、予約はされて
いないようなので、すかさず私が店に連絡をとり、
予約を入れます。

そして水曜日。
お昼に、部長が言い出したのは、
「そういえば、まだ新築祝いをしてなかったな」

そういえば、4月に家を買った人の新築祝いをまだ
やってませんでした。

そうか。明日はきっと新築祝いの焼肉パーティーなんだな。
なんとなく、私に聞こえるように言っているってことは、
新築祝いの貢物も、私が買出しに行けということでしょう。
じゃあ今日は買出しに行かないとな。

そうして、忙しく早めに仕事を終わらせるようにせっせと
作業していた(?)午後4時。

課長が、ちょっといいか、と呼ぶのです。
え。私何か問題でも起こしましたでしょうか。
いや、ちょっと朝は何気に9時に微妙に間に合ってないこと
多いですけど、いまさらまさか注意されたりとか。
まさかそんなことは。

自分の席からやたら遠くの打ち合わせスペースに連行
されていきます。
すぐ近くのスペースも空いているのに。
やっぱり怒られる系か。

と。
「明日から、部署変わってもらうことになったから」

ん?
どういうこと?
こういう経験は初めてなので、いまいちよく分かりません。

・・・2分くらい、ぼーっと考えて、はたと気付きました。
自分の送別会のセッティングを、自分でやってしまったことに。

ああああ。
と思ったときにはもう遅い。
ほかの人に、いまさら相談するわけにも行かず、
なにごともなかったかのように、焼肉屋さんに、人数確定と
コースの指定の電話をします。
仕事終わったあとに、しっかり新築祝いの買い物もします。

そんなこんなで、グループの人に、自分の送別会の幹事を
どうして自分でやるんだ、と、散々バカにされつつ、無事
異動してきました。
#本格的に引っ越してくるのは来週ですが。

オフィスも仕事もまったく変わって、また新入社員に戻った
ような気分。
打ち合わせしながら、用語がまったく分からないなんて、
本当に久しぶり。
聞いてると結構大変そうで、忙しそうな感じがするけど、
でも、今までやってみたかった仕事に、やっとちょっと
近づいたような気がするので、だから、そんなことくらいで
びびらずに、ひたむきにがんばっていこうと思ってます。

だから日比谷在住のみなさん、
とりあえず、日比谷のおいしいお店を教えてください。

無料ブログはココログ

ribbon

twitter

Booklog

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31