« 館山旅行記(6)~ガソリン~ | トップページ | ココロミくん »

2006年5月 8日 (月)

こごみ

5月3日、憲法記念日。
田舎帰省中。
明日、親戚のおばさまたちが遊びに来るらしい。

都会からいらっしゃる人には、田舎の特産物で
おもてなしをするのが、田舎のルールです。

この時期、田舎の名産物といったら、なんといっても
こごみでしょう。

早速、遊びに出かけてしまった妹たちをのぞいた、
父・母・私でこごみ採りに出発。

とここまで勝手に進めましたが、都会の方々は、
こごみって知ってるんでしょうか。

Wakasahatukei247

山菜というより、シダ植物の一種です。
東北地方や長野、新潟では、かなり一般的に食されている
ようです。

シダ植物だから、水際をはじめとする、ちょっと湿った場所に
生息しています。

この日は、こごみを探して3スポットを車で回りました。

まずは、県境を越えて、ちょっとばかり新潟寄りの
川のほとり。
マイナスイオンがたっぷりです。
ぱっと見は、枯れたススキや笹の葉っぱが
倒れているだけの、荒れた土地に見えます。
でも、よーく見ると、葉っぱの間に、ちらっと緑の
こごみが見えてきます。
こごみが見えてるあたりの葉っぱを強引にめくります。
そうすると、おいしそうなこごみが生息しています。

でも、今年は雪解けが2週間ほど遅かったみたいです。
雪解けのあとは、ふきのとうが出て、それからつくしの季節、
そしてこごみがやってくるのですが、まだつくしが中心の
ようです。

ここは、序の口の場所。
早々に引き上げて、次の場所に向かいます。

車は、スキー場につながる曲がり角を逆方向に折れ、
スノーボードクロスの日本代表、藤森由香が在席する
専門学校を右手に見ながら、途中お昼を公園で食べつつ、
山の細い道を登っていきます。

山奥の村を抜け、田んぼしかない一帯に入っていくと、
道の脇に車がたくさん止まっています。

悔しそうな父の顔。
どうやら、大量生産スポットを先取りされたようです。

仕方なく、他のスポットを探すのですが、山の中腹まで来ると、
ところどころまだ雪が残っています。
雪が残っているところでは、まだこごみは出てきません。

それでも何とか見つけた急な斜面が、2つ目のスポットです。
この前の階段なんてなんてことない。
こちらの斜面のほうがだんとつで急です。

長靴履いて、首にタオル巻いて、帽子かぶって、
東京の私とは似ても似つかない格好で、急な斜面を
こごみを探しながら下っていきます。
さっきと同様、葉っぱをめくりつつ、こごみを探します。

もう葉っぱが開いてしまってるこごみはだめです。
先っぽがちょっとだけくるくるしている、そういうこごみが
旬です。

ここのスポットも、まだ成長は遅いけれど探せば
結構どんどん出てきます。
スーパーの袋3つ分くらい。

そして、最後に、さっき人に先取りされていた
スポットへ。
通称「材木置き場」。

本当に材木置き場です。
でも、冬に誰も手入れしに来なかったのでしょう。
大雪のせいで、材木屋のバラック小屋は無残にも
潰れていました。
周りに置いてあった軽トラックも見事に潰れています。

でも、そのおかげで、適度に影ができ、残骸の下で
こごみはたくましく成長していました。

そろそろ夕方で、帰ろうと思うんだけど、下を見ると
こごみが採ってほしそうにこちらを見ています。

そんなこんなの午後4時。
スーパーの袋5つ分のこごみが収穫されました。

これだけあれば十分です。
家の冷蔵庫3つがすべてこごみで埋まります。

家に帰ってこごみを調理します。
鍋でひたすらゆでて、あくを取ります。

いろいろとレシピを見ると、どうやら胡麻和えにして
食べるのが一般的だそうですが、うちはちょっと違った
味付けをします。
しょうゆとマヨネーズ
これが一番美味です。

こんな、言ってしまえば単なる雑草が、
最近はスーパーで超高値で売っている、と母が言うので、
調べてみたところ、100gなんと300円で売っているみたいです。
これなら丸一日かけても採りに行ったほうが安いですね。

でも、おかげでGWが終わった今も、肩こりが治りません。
これじゃ何のために館山まで行ってマッサージを受けてきたのか
分かりません。

« 館山旅行記(6)~ガソリン~ | トップページ | ココロミくん »

ぐるめ?」カテゴリの記事

コメント

藤森由香かわいい!妻にもきいてみます

県庁所在地出身の母に聞いたところ、県庁所在地の方ではこごみを食する習慣がないと言っていました。
だから、奥様ももしかしたら知らなかったりして、、、と思います。
どうやら田舎者限定食の予感。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こごみ:

« 館山旅行記(6)~ガソリン~ | トップページ | ココロミくん »

無料ブログはココログ

ribbon

twitter

Booklog

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31