« MAXFACTOR Webドラマ | トップページ | PIMP OF THE YEAR »

2006年3月19日 (日)

Once I Catch The Devil...(Besh o droM)

ついに、アフィリエイト対象外のところに来てしまったようです。

CDを買うときは池袋か新宿のタワレコですが、新宿まで足を
伸ばしたら、こんなCDには出会わなかったと思います。
なぜって、新宿は、タワレコが大きくて、数フロアに分かれています。
ジャンルごとにフロアわけしてあるんですね。
だからそうとうなマニアでもない限り、5階(タワレコの一番下の
フロア)に行って、お目当てのポップス買って帰るわけですね。

でも、池袋はそういうわけにいかないんですね。
規模が小さいから、いろいろなジャンルの音楽が
同じフロアにあるわけで。
そのせいで、私が変なものに出会ってしまうのは、だいたい
池袋ですね。

今日は、本当はSOIL&PIMP SESSIONSの新しい
アルバムを試聴に行ったはずでした。
あいつらのCDは気楽に試聴もせずにamazonとかで
買うと、ときどきひどい被害に遭うものなので。
聞いたことある人にしか分からないですが。

そしたら、SOILの試聴コーナーには、先客がおりました。
順番待ち。
でも、そんなあからさまに後ろで順番待つわけにもいかず、
近くの試聴コーナーで、他のものを聞きながら、カモフラージュ
することにしました。

と。
ワールドコーナーでふと見つけたのは、「全曲変態」
というレビューがついたCDでした。

Besh_o_drom














変態?
頭の中ではあんなことやこんなことが想像されます。
しかも全曲なんでしょ?ええええええ?!

ジャンルは・・・ジプシーミクスチャー
なんのこっちゃさっぱり分かりません。

・・・・・・と、いうわけで、ご購入。

どうやら、ハンガリーの方たちみたいですね。
だから、基本はハンガリーの民族音楽。
なんとなーく、気分はベリーダンス、なんだけど。。。
(ベリーダンスについてはまったく知りません、あくまでもイメージ)

でも、いわゆる民族音楽とは、全然違いますね。
だって、フルートにクラリネット、サックスにトランペット。
そいつらが、すんんんんんごい猛スピードで、
民族音楽っぽい短調なパッセージを駆け抜けていきます。
しかも、ときどきロック、ときどきスカ、ときどき変拍子
さらには、その上に、ものすごくベリーダンスな感じで、
女性ボーカルが呪文みたいな歌を繰り広げます。
そして、その一つ一つが、ものすごく上質です。
おそらくすごく吹きにくいであろう、奇妙なパッセージを、
ありえないスピードでどんどんどんどん
畳み掛けられる。
息つく暇もありません。

って、意味分かりませんよね。
私も全曲聴いたけど、意味が分かりません。
聞けば聞くほど分からなくなる。
でも、目(耳?)が離せない。
あいた口が塞がらない。

・・・全曲通して聴いたら、なんだかすごく疲れました。
SOILも一緒に買ってきたけど、今日はもう聞く元気が
ありません。。。

« MAXFACTOR Webドラマ | トップページ | PIMP OF THE YEAR »

音楽」カテゴリの記事

コメント

アバランチをラジオできいてPIMP MASTERを買ったけどいまいちだったな。

最近HITは土岐麻子です。

ベリーダンス。
一回見に行ったけど面白いよ。
ってかセクシー。
日暮里のざくろってとこね。
この前寿司食いに行った帰りに通ったとこ。
ぜひ見てみてください。

>yamadai
SOILは、ぶっちゃけブラスやってる人でないと、あれの真価は分からないだろうと思ったりしています。
とりあえず、明日聞いてみてレビューしますよ。

あと、土岐麻子って、iTMSのfor youに行くと必ず引っかかるんですが、全然知らないので、無視ってます。
でも、あそこって、昔の購買履歴から推理して出してるのよね。
そろそろ意地はるのやめて聞いたほうがいいかしら。。。

>ファク
おお!あそこね。
もう場所をよく覚えてないけど。
気になったので、今度通りかかったら見てみようかと思います。
って、日暮里なんてほぼ行く用事がないけれど。

コメントありがとうございました。ベシュオドロムかっこいーですよね。
時々寄らせてもらいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Once I Catch The Devil...(Besh o droM):

» アンルイスをめぐるギタリスト達 [音楽で綴る日々の想い]
派手なイメージがあるアンルイスは彼氏にするにもこだわりがあるようで、長い髪のギタリストがお好みのようです。最初の旦那の桑名正博からはじまって、女心の頃は北島健二、山本恭司といった雰囲気からして、いかにもって感じの人を起用してレコーディングしてましたね。 [続きを読む]

« MAXFACTOR Webドラマ | トップページ | PIMP OF THE YEAR »

無料ブログはココログ

ribbon

twitter

Booklog

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31