« Merry Andrew | トップページ | ワンタイムパスワード »

2006年3月 3日 (金)

NUDA

ヨーロッパのほうでは、Agua(=Water)といったら、
炭酸水。
だから、いつもの水、いわゆるミネラルウォーターが
ほしいときは、Agua sin gas(=without gas)
といわないといけませんよ。

と、イスパニア語の先生に教わったのは、大学2年くらい
のときだったでしょうか。

そう。
日本では、炭酸水なんて邪道。
水といえば、何の抵抗もなく飲める、炭酸なしの
お水でした。

でも、昨日打ち合わせに行ったときのこと。
みんなが飲んでいるものを見たときに、日本にも
Agua con gas(=with gas)の波が押し寄せて
いることを感じました。

そう。
日本産(?)の炭酸水が発売されましたね。
キリンのNUDA

ナイナイの岡村と梨花が激しく踊ってる、あの
CMですね。

昨日の打ち合わせのあと、早速購入しましたよ。
でも、飲んだのは今日の朝のことですね。

朝一で飲んだそのお水は、たいそうスパークリングでした。
スパークリングワインは結構好きですが、
朝一であのスパークは激しすぎます。

そして、水だといわれれば当たり前かもしれませんが、
飲む前は、もう少し三ツ矢サイダー風かと思ってました。
でも、やっぱり水だから、味があんまりないんですね。
あんまりっていうか、ゼロですね。
日本の伝統三ツ矢サイダーに慣れてしまった私たちには、
ちょっと物足りないというか。

でも、飲みきれなくて、お昼までかかって少しづつ
飲んでいると、ちょっとづつ暖かくなってくるのと、
炭酸もだんだん弱くなってくるのがあいまって、
最後のほうは比較的まろやかなお味でしたね。

そんなこんなで、初めての炭酸水は、非常に刺激的で、
斬新な経験でした。

ただ、あれを毎日飲むのはさすがに刺激的すぎです。
日本でも、Aguaといえば炭酸水、になるのは、
まだまだ、先の話の予感です。

« Merry Andrew | トップページ | ワンタイムパスワード »

ぐるめ?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NUDA:

« Merry Andrew | トップページ | ワンタイムパスワード »

無料ブログはココログ

ribbon

twitter

Booklog

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31