« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月31日 (金)

3月のまとめ

うちのBlogPetのりぼんちゃんが
毎日せっせせっせとアクセス解析を
してくれているので、ちょっと今月のアクセス状況を
まとめてみることにします。

総アクセス数:1344
ユニークユーザ:656人

※総アクセス数の100程度は私ですね。
※ユニークユーザのうち1人は私ですね。

■アクセスの多い記事
第1位Webドラマ・・・116アクセス
第2位MAXFACTOR Webドラマ・・・79アクセス
第3位マウストーク・・・54アクセス
※Webやインターネット、パソコン関係のお話へのアクセスが
 多いですね。
 TBから来てくれた方が多かったようです。

■リンク元検索エンジン
第1位google・・・313アクセス
第2位goo・・・56アクセス
第3位yahoo・・・36アクセス
※googleダントツですね。
 (当たり前ですが・・・)
 がんばれgoo!!!

■検索ワード(単語)
第1位マウストーク・・・21アクセス
第2位チョコレートファウンテン・・・17アクセス
第3位こぶ・・・16アクセス
第3位手首・・・16アクセス
※こぶ と 手首 はみんなセットで検索してますね。
 ちなみに、私の手首のこぶはいったん気付いたらなくなって
 いましたが、またぽっこり出てきましたね。。。

というかんじで、4月もよろしくおねがいしまーす。

2006年3月30日 (木)

LUSHレポート(1)~黒の宝石~

艶女キットをいただいたので、何回かに分けて、
LUSH製品の使い心地をレポートしつつ、艶女に
なる方法を模索していこうと思っています。

今回は、入浴剤 「黒の宝石」

ほどほどにたまったお湯の中に、丸い玉をドブン
入れます。
このとき、あまり上のほうから玉を落とさないでください。
激しく跳ね返りが起こって、ずぶぬれになります。

跳ね返りのあと、シュワシュワシュワーと軽く
湧き水みたいな感じになります。
そして、若干お湯が黒くなっていきます。
同時に、あやしげなにおいが漂い始めます。

お風呂に入ると、ふと気付きます。
単に黒いだけじゃないんです。
微妙にきらきらしてるんです。
そうです。ラメです。
それは、夜空の星のように幻想的な感じ。

そんなろまんてっくなかんじに浸っていると、
浮かび上がってくる、一枚の小さな紙切れ。

「ルビーのパワーを感受しようとするならば、
受身をあらわす左ではなく右側に」

・・・なんのこっちゃさっぱり分かりませんが、
アデージョになるためのおまじないでしょうか。

そんなこんなで、満足げにお風呂からあがると、
ふと気付きます。
お湯を捨てたあとのユニットバスのまわりが、
黒く染まっています。

黒い宝石がこびりついています。
それは、すばらしい夢から覚めた朝のような
むなしい気分です。
とっさに、「おふろのルック」を吹きかける私。

アデージョレベル:まだ1

2006年3月29日 (水)

25歳

昨日を持ちまして、めでたく(?)25歳になりました。
生まれて四半世紀。
四捨五入して30歳。
お肌の曲がり角。

というわけで、コラーゲンを補給するために、
勇者7人(+影の勇者3名)であんこう鍋を食べに行きました。

会場は、ちゃんこの聖地月島の、奥の細道に
なんとなくたたずんでいる、ほていさん

迷いながらやっとたどり着くと、おばさまが
まず持ってきたのはお刺身です。
あんこう鍋はお預けかよ、と思いながら、まずは
大好物のまぐろをほおばります。

・・・・・・んんんまい!!

やわらかいです。ソフトです。
激しくとろけます。
築地の香りがします。

もうあんこう鍋とか一瞬どうでもよくなります。
このマグロでもうかなりセレブレイティブな感じです。

でも、忘れてはいけません。
とうとう、本日のメーンエベント、鮟鱇様の登場です。

Ankou











ビールが激しく邪魔ですが、遠めでも十分おいしげな感じが
伝わってきますね。

でも、鍋はこれからなので、煮えるまで落ち着いて待って
くださいね。
間違っても、現場監督のおばさまたちを差し置いて、素人が
操作してはいけませんよ。
ましてやふたを開けてつまみ食いだなんて。

で、煮えると、
Kansei










現場監督がやってきて、すかさず盛り付けてくれますね。

あんこうのだしが目いっぱい入っている、
オレンジ色の鍋です。

じゃあまずは野菜からいただいてみましょうね。

・・・・・んんんんんんんんんまい!!!

それはそれは、激しく濃厚なお味ですね。
「これが鮟鱇様か!!!」と、納得するしかない、そういうお味です。

そして、不思議なことは、監督さんが強制的に盛り付けてくれる
2杯目の途中くらいから起こってきます。
なぜか、リップクリーム塗ったような感覚に襲われます。
お口の周りが、潤ってくる予感がするのです。
これがコラーゲン効果
生まれてはじめての感覚です。

最後におじやもいただいて、超満腹でそろそろ眠くなって、
お年よりはそろそろ帰りましょうよ、と、早くも30代の
雰囲気を醸し出してしまってきた、ちょうどそんな時。

勇者たちがなにやら宝物を私に差し出しました。

宝物=誕生日プレゼント。

Dsc00497











LUSHの石鹸セット。通称、艶女(アデージョ)キットですね。
#勝手に命名。

ってか、私、友達から誕生日プレゼントもらうのなんて
まじでお久しぶり。
ってか前もらったのって、いつだったっけ?
ほら、3月生まれって、春休み中でしょう。
サークルとかの練習も、ちょうどピンポイントであればいいけど、
毎年そういうわけにいかないでしょう。
で、会社で働き始めてからは、そんな大声で誕生日とかバースデイ
とかcumplean~osとか言ってられないでしょう。

だからまじめにうれしかった、というかびっくりして
いい反応ができず申し訳ない。

あ。あと、ついでに、某私のフアン課長からも。

Dsc00498






何も言っていないのに、覚えていてくれるなんて。
それはたとえ、本社の地下の売店で急遽買い揃えられた
物であっても、
うれしい限りです。

25歳はお菓子をほおばりながら、いい女になるように
日夜精進したいと思います。

2006年3月27日 (月)

After six

Music after six

アーティスト:paris match
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2006/03/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2月末。Paris Matchオフィシャルサイトに行ったら、
視聴コーナーがありました。
3月中旬。沖縄行きのANAのLOHASなチャンネルで、
ミズノマリをゲストに迎えて、after six特集をやっていました。

そして、悪夢の金曜日
とうとう発売されました。
after six

何度かParisMatchについては解説してると思うんですが、
一応触れておくと、このユニットは、私の中でのおしゃれ
音楽
の代表みたいなもんです。

※おしゃれ音楽
Jazzとかボサノバとか、そういうちょっとリゾートでおしゃれな
感じの音楽。
Brassが多用されていると尚良い。

多分、CMで、知らないうちに聞いてると思うんですよ。
たとえばそれは、結構古い「氷結」のCMであったり、
最近ではアイベジィのCMであったり。
でも、おしゃれすぎて、そのCMのイメージにぴったり
よりそっていて、だから見逃しちゃうことが多いんですね。
でも、一度聞いてしまうと、他の音楽は、ただうるさいだけ、
という感じになってすっかりはまってしまうから怖い。

それで、このアルバムですが、
題名の通り、夜6時から朝6時まで、の12時間を1曲1曲に
当てはめて構成されています。
最初からコンセプトを決めて作っているから、アルバムとしての
完成度が非常に高い。
1曲1曲のクオリティはいつもどおりですが、さらに、曲と曲の
つながりとか、そういうところまで配慮が効いています。
shuffleな私としては、shuffleするのがちょっと気後れするくらいに。

さらに、歌詞カードの下のほうに、今何時、というガイドがついて
いたり、その時間をイメージした写真がついていたりという
こだわりっぷり。

そして、夜の曲を集めてあることもあり、聞きながら寝ると
ぐっすり眠れそうな、落ち着いた感じの曲が多いですね。

とにかく、大人の女って感じが全体からあふれ出してくる、
そういう、私の憧れをつめこんだようなアルバムです。
明日からの25歳は、こういう女性になりたい、と切に
思っています。

2006年3月26日 (日)

みぐさい

「みぐさい」という言葉、ずーっと標準語だと思ってました。
東京来て何年かたって、そういえば誰も使ってないなぁと、
そのときやっと、方言だということに気付きました。

で。
意味なんですが、おそらく、標準語に直すと、
「みっともない」とか、「みにくい」とか、「見苦しい」とか、
そういうことになるのかと思われます。
あれ?「みっともない」は標準語だよね?

でも、どれもやっぱり微妙に違うような。
みんなちょっときっつい感じになっちゃうんだよね。

「みぐさい」は、これらの言葉よりは、よっぽど
広い意味で使われてる気がするし、親近感あふれる
感じじゃないかと思うんですよ。

いや、なんでいきなりこんなこと書いたかって、
それは、金曜日に、ついこの言葉を口に出したい
シチュエーションが結構あったんだけど、のどまで
出掛かって止まってしまってたわけで。

だから、今言わせてください。
いやぁ、ほんとにみぐさい送別会だった・・・
言葉にかわいげがあるから許してね☆

ちなみに。
長野の方言一覧を発見しましたので、
ご覧くださいませ。

farewell part3

金曜は、3ヶ月連続リリースもついに最終回。
うちの問題児もついに旅立ちの時がやってきたようです。

最後の最後まで、いろいろと問題を起こしてくれちゃいましたが、
・・・まぁ、らしかったからいいんじゃないかな。

これから先が、本当の勝負になるんですね。
今までの栄光を全部捨てて、勝負するという、その決意には、
正直びっくりしました。
何年か後に、ぜひ結果を聞かせてください。
きっとすごくおもしろい話を聞かせてくれると、楽しみにしています。

3ヶ月リリースの方たちは、どうしても、いなくなった気がしません。
だって、前回までの人たちは、現役だったときよりさらに弾けて、
2次会に来ていいジャンプを見せてくれました。
リリース期間は終了してしまいましたが、また、今度は特に送別会
じゃないときに、普通に集まろうね。

そして、今日の動画。

1.直視できない?
2.ネタなし
3.ギャランドゥ

Filebankに置いておきます。
詳しいことは月曜に。

それから、昨日、桜を見学に行ってきました。
桜の名所、真田掘。
きれいな桜、皆さんもお楽しみください。
写真はこちらから。

2006年3月24日 (金)

センバツ

気付いたら、今日からセンバツなのですね。
すっかり忘れていました。

はっきり言って、私スポーツにはまったく興味ないです。
サッカーもあまり興味ないし、野球も興味ないです。
あの、脅威の視聴率56%のあの瞬間ですら、私は映画館で
ミュンヘンを普通に見ていました。
WBCとか、イチローとか、それすらも、私の心はくすぐらず、
会社のおじちゃんたちとお話しするために、結果をチェック
していただけにとどまります。

でも。それでも。
高校野球は別枠です。

それは、ミーハーだから、とか、タッチのイメージが、とか、そういう
こともありますが、高校野球には、勝っても負けても年間100試合
以上戦う、そして来年も、という、いわゆるプロのそういう甘えと
いうか、マンネリというか、そういうのがないところがいい。

どこかの試合で負けてしまったら、もうそこで終了。
また明日がんばってとりかえせばいいや、なんていいわけは
通用しません。
あの、少年たちのストイックな生き方がたまらない。
おねいさんは断然応援しちゃいます。

あと、いい意味で頭悪い感じがすごい好き。
だって、高校野球って、よく考えたらおかしいこと、
たくさんないですか?

たとえば、それは、ピッチャーは基本エース一人。
エースが一人で、下手すると決勝戦までずーっと
一人で延々投げ続けます。

プロなら、途中で交代なんて当たり前で、先を見越したら
交代したほうがいい、なんて本当に常識なのに、
高校野球ではめったにそういうことしない。
そういう、今日しか見えてないおばかな感じがたまらない。
おねいさん絶対応援しちゃいます。

・・・そんなこんなで考えていくと、やっぱり野球が好きなのでは
なくて、あくまでも輝く少年の姿が好きなのですね。
だから、特に、絶対この高校!っていうのも特にありません。
毎年やってくる智弁和歌山とか、今年は出られなかった
駒大苫小牧とか、沖縄では大騒ぎだった八重山商業とか、
そういうことくらいは分かりますが、この高校絶対優勝して欲しい!
っていうのは特に。

勝っても負けても、戦っている少年たちのあの姿だけが、
私のすべてです。

だから、少年たちよ。
とにかく、感動的な試合をおねいさんに見せてください。

2006年3月22日 (水)

クロックムッシュ

お昼。
むしゃくしゃしてるけど、忙しくて時間がとれず、
近くにスープストックもなくて、さらにいらいらしてくる。
そんなとき。

そんなときは、会社のすぐ近くにある、上島珈琲店
駆け込みます。

あらかじめ言っておくと、私は珈琲が苦手です。
1杯くらいだったらお砂糖入れまくって何とか飲めるけど、
2杯目くらいから胃が激しくむかついてきて、最終的に
吐き気をもよおします。
そんなまずいという感覚ではないので、できれば飲みたいの
ですが、体が拒否してしまう、そういう感じ。

じゃあなんで珈琲店かというと、
ここの珈琲は普通の珈琲じゃないんです。

黒糖ミルク珈琲。
お砂糖入れなくても、もともと甘い。
そして、砂糖で無理やり甘くした感じではなくて、
もともと甘いので、ものすごくFitしてるし、
すごく健康的な感じ。
これなら何杯でもいけるって感じです。

しかも、店内おされなジャズが常にかかっていて、
なんだかとっても癒される気分。
文庫本でも持って、30分くらい読みふけりたい、
そういう気分です。

そして極めつけ。
ここにはおいしいお昼ご飯があるんです。

それが、クロックムッシュ

この店でこのメニューは初めて見つけたんですが、
簡単に言うと、あったかいサンドイッチですね。
パンとパンの間に、ハムチーズが挟まれています。
そしてさらに、パンの上にもう一枚とろけるチーズ
そこに、ブラックペッパーで味付けがされています。
しかも、よく読んだら、ハムはイタリア産なのですね。

そこに、なぜかちょっと和風な味付けのピクルス(漬物?)
ついているのが疑問ですが、それが意外にこのサンドイッチに
合うんです。

時間のないときは、クロックムッシュ黒糖珈琲
流し込んで、10分で店を出て、仕事に戻りますが、
もうそれだけでも、かなりイライラが取れます。

・・・書いてたら、お腹すいてきたので、今日は焼きそばでも
作ります。

2006年3月21日 (火)

ミュンヘン

今週いっぱいで上映が終わってしまうということで、
やっとこさ観に行って来ました。

なんとなく、興味本位で行ってはいけないだろうと、
なかなか覚悟が決まらなかったため、しばらく
様子見をしていたところ、私と同じ考えの人が
多かったのか、あまりランキングもあがりませんでしたね。

結果的に、
観なきゃいけない映画のひとつではあると思う。
でも、それは、興味とか、エンタテイメントとか、そういうことでは
なくて、今の時代を生きていくためには知っておかないと
いけない、そういうレベル。

とにかく、かなりリアルに、次々と人が死んでいきます。
イスラエル人、アラブ人、そしてまたイスラエル人、
ときどきその他の民族も巻き込まれて。

誰のためにこんなことしてるのかよくわからなくなります。
国のためのはずだったのに、途中からそれが最終目的では
ないような気がしてくる。
じゃあなんのため?

こんなの絶対間違ってるって思います。
でも、じゃあ他にどうすればいいんだ、といわれると、
部外者が「殺すな」と適当に言って終われるような
そんな問題じゃない気がします。

でも、ときどき、答えのかけらみたいなのが
見えてきます。

たとえばそれは、ひょんなことから一夜を一緒に過ごす
ことになったアラブ人とユダヤ人。
お互い、どれくらい不幸で、どちらが正しいか議論する中、
後ろから流れる、Let's stay together

どっちが正しい、とかじゃなくて、とにかく、何とか一緒に
生きていけないものか。
という、答えのかけら

そんな精神論みたいなかけらでは、どうにもならないことは
分かっているんだけど、こういう、救いの見えないときには、
そういう些細なところに救いを求めたくなります。

・・・難しい。本当に難しい。
そしてそんなに楽しいもんじゃない。
でも、考えないといけない、そういうこと。

DVDになったら、借りる前に、そういう覚悟があるか
確かめてから、借りてください。

ミュンヘン公式HP

※映画の中で使われたLet's stay togetherはParis Match
 ものではありませんでしたが、リスペクトの意味を込めて
 リンク貼らせていただきました。
 オリジナルは
こちらみたいです。

2006年3月20日 (月)

PIMP OF THE YEAR

PIMP OF THE YEAR(初回限定盤) Music PIMP OF THE YEAR(初回限定盤)

アーティスト:SOIL&“PIMP”SESSIONS
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2006/03/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昨日、なんとも奇妙なCDを聞いてしまったせいでもあるかも
しれませんが、あれに比べたら、なんとまともな作品でしょう。

そして、私の知っている限り、SOIL&PIMPの今までの作品の
中では、もっともまともな部類に入るんではないでしょうか。

よく言えば、大人になった。
悪く言えば、元気がなくなった。
そんな、感じ。

ここで解説しておくと、SOIL&PIMP SESSIONSとは、
6人のいかついおにいちゃんたちの、インストジャズ
ロックバンド(?)です。
トランペット、サックス、ピアノ、ベース、ドラム、という、
いわゆるベーシックなジャズバンドの構成に加え、なんだか
よく分からないけど、もっともふてぶてしい顔をして、
真ん中で何かを一生懸命シャウトしている、シャチョーという
おじちゃんがいる、そんなバンドです。

こいつらの音楽を一言で表すのであれば、
爆音ジャズ、ですね。
とにかく、音量がものすごい。
CDごしなのに、おでこの横のあたりの血管が浮き出ている様が
思い浮かぶくらい、それはもうすごい爆音。

・・・だったんだけど。
今回のCDは、爆音ではないですね。
奥のふかーい感じの、カクテルでも飲みながらまったり
聞けちゃう感じの、なんとも大人のジャズですね。
渋いです。

今回は、シャチョーもはちゃめちゃに叫んだりすることも
なく、ときどき何かを言っているけど、何かを含んだような
話し方。

ジローラモがおねいちゃんたちと踊っている、コーヒー
CM曲に、こいつらの曲が使われた、というのも、大人に
なった彼らであれば、イメージぴったりかもしれないですね。
うん。

・・・でも。
それでも!
私は、もう一度、あの爆音ジャズを激しく聴きたい。

2006年3月19日 (日)

Once I Catch The Devil...(Besh o droM)

ついに、アフィリエイト対象外のところに来てしまったようです。

CDを買うときは池袋か新宿のタワレコですが、新宿まで足を
伸ばしたら、こんなCDには出会わなかったと思います。
なぜって、新宿は、タワレコが大きくて、数フロアに分かれています。
ジャンルごとにフロアわけしてあるんですね。
だからそうとうなマニアでもない限り、5階(タワレコの一番下の
フロア)に行って、お目当てのポップス買って帰るわけですね。

でも、池袋はそういうわけにいかないんですね。
規模が小さいから、いろいろなジャンルの音楽が
同じフロアにあるわけで。
そのせいで、私が変なものに出会ってしまうのは、だいたい
池袋ですね。

今日は、本当はSOIL&PIMP SESSIONSの新しい
アルバムを試聴に行ったはずでした。
あいつらのCDは気楽に試聴もせずにamazonとかで
買うと、ときどきひどい被害に遭うものなので。
聞いたことある人にしか分からないですが。

そしたら、SOILの試聴コーナーには、先客がおりました。
順番待ち。
でも、そんなあからさまに後ろで順番待つわけにもいかず、
近くの試聴コーナーで、他のものを聞きながら、カモフラージュ
することにしました。

と。
ワールドコーナーでふと見つけたのは、「全曲変態」
というレビューがついたCDでした。

Besh_o_drom














変態?
頭の中ではあんなことやこんなことが想像されます。
しかも全曲なんでしょ?ええええええ?!

ジャンルは・・・ジプシーミクスチャー
なんのこっちゃさっぱり分かりません。

・・・・・・と、いうわけで、ご購入。

どうやら、ハンガリーの方たちみたいですね。
だから、基本はハンガリーの民族音楽。
なんとなーく、気分はベリーダンス、なんだけど。。。
(ベリーダンスについてはまったく知りません、あくまでもイメージ)

でも、いわゆる民族音楽とは、全然違いますね。
だって、フルートにクラリネット、サックスにトランペット。
そいつらが、すんんんんんごい猛スピードで、
民族音楽っぽい短調なパッセージを駆け抜けていきます。
しかも、ときどきロック、ときどきスカ、ときどき変拍子
さらには、その上に、ものすごくベリーダンスな感じで、
女性ボーカルが呪文みたいな歌を繰り広げます。
そして、その一つ一つが、ものすごく上質です。
おそらくすごく吹きにくいであろう、奇妙なパッセージを、
ありえないスピードでどんどんどんどん
畳み掛けられる。
息つく暇もありません。

って、意味分かりませんよね。
私も全曲聴いたけど、意味が分かりません。
聞けば聞くほど分からなくなる。
でも、目(耳?)が離せない。
あいた口が塞がらない。

・・・全曲通して聴いたら、なんだかすごく疲れました。
SOILも一緒に買ってきたけど、今日はもう聞く元気が
ありません。。。

2006年3月18日 (土)

MAXFACTOR Webドラマ

最近、CMの続きはWebで、が流行ですよね。
おそらく一番有名なのは、ライフカードのCMで
どのカード選ぶとどうなるか、ってやつじゃないかと
思います。

あとは、光体操もそうですね。

そんな、「続きはWebで」シリーズ(?)最新作が、
MAXFACTOR

CM見ました?
松下奈緒柳楽優弥の、年上のきれいなおねいさん系の、
心ときめくCMです。

で、その続きがWebで見られるんですよ。
CMをまだ見てない方も、こちらから見れます。

CMよりも、さらに心ときめく勢いです。
松下奈緒の、自由奔放なおねいさんキャラがイイ!!
超小悪魔系!!!
しかも、松下奈緒って、今まで、化粧濃い目のおねいさんとしか
思ってなかったのに、こうやってみると、松嶋菜々子とちょっと
似ている。

柳楽優弥も、今まで、映画だと、あまり普通の学生(高校生)の
役があまりなかったような気がするので、こういうの、すごく
新鮮。

そしてさらに。
脚本が、岡田恵和なのですよ。
トレンディードラマの脚本家の代表的な方ですね。
キャストといい、脚本といい、なんと豪華な。
たった10分のWebドラマのために。

でも、これは10分では終わらない気がする。
まだまだ続きそうな予感です。
第2作が楽しみ☆

2006年3月16日 (木)

足裏マッサージ

本当は、明日の予定でした。
明日だったら、そのまま4連休に突入だから、
1泊くらいはして、美ら海水族館でも行って
遊んでこようと思ったりしてました。

それが、今日になってしまったのは、ひとえに
春闘のせいです!
明日がストライキかも、とか言うから、こんな
ことになってしまった。
微妙に出るか出ないかの一時金のために春闘
するくらいなら、私に沖縄リフレッシュ休暇を計画
してくれたほうがどれほど建設的でしょう。

しかも、着陸した時点の沖縄の天気は大雨
明日の予定は晴れだったのに、こんな日に
行くからいけないんですよ。

さて。
打ち合わせが終わったのは毎度ながら午後3時。
当初8時になっていた飛行機を無理やり変更しても、
飛行機の出発時刻は午後5時半。

とりあえず、国際通りに出て、いつもながらにタコライスを
買い込んで、天気も悪いので、紅芋アイスクリームでも
食べてから早めに空港行くかなぁ、、、

と。
目に入ったのは、「タイ古式マッサージ」の看板。

マッサージ!なんと麗しい響き!
飛行機で足もむくんでるし、雨も降ってるし、
雨宿りと疲労回復と暇つぶしと、全部一気にできる!

ん?
そういえば、国際通りをぐるっと見回すと、ざっと数えても、
100mくらいの空間に、5軒以上のマッサージ屋さん。
国際通りって、もしかして、なんだかすごく疲れた人たちが
集まってくる場所なの?

・・・というわけで、足裏マッサージ30分コースをオーダー。

足裏マッサージって、初めての予感がしてたんだけど、
よーく思い出したら、2回やったことありました。
卒業旅行と出張のとき。両方とも中国で。

中国のマッサージは、もうあれはマッサージというよりは、
いわゆる”指圧”ですね。
指をつかって、ぐいぐいぐいぐいぐいぐいぐいぐい
おしまくります。
痛いのなんのって。

でも、「タイ古式」は、もう少しマッサージ感覚あふれる
感じですね。
ゆーーーっくり、何回かふかーーーく押してから、
オイルをつけて、なでたりさすったり。
途中から、なんだかマドラーみたいな、細い棒を使って、
おしたりこすったり。

中国式よりは痛くないですね。
でも、やっぱり押す作業のときは痛いです。
しかも、悪いところが痛む、というのは、中国の
つぼ押しと同じですね。
私は、腎臓のところとのところが激しく痛かった・・・
特に腎臓については、マッサージのおねいさんが、
「なんだかここだけこりこりしてますね」というくらい、
違和感があって、なんだかすごく嫌な予感。

でも、それ以外はかなり気持ちよかった。
アロマテラピーのいいにおいがしたり、ヒーリング音楽が
流れていたり。
店員さんも、雰囲気をぶち壊さないように、ゆっくり、
静かにお話します。
あれで、隣の部屋のボディマッサージを受けてた親父が、
いびきかいたり、仕事の電話に普通に出たりしなければ、
かなり雰囲気満点でしたね。

最後にさんぴん茶をいただいて、お店を出ると、
雨はすっかりあがって、もう夏の日差しです。

Dsc00445









Dsc00446_1









サイパンもそうですが、亜熱帯の地域では、
降るときはばーーーっと豪快に降るけど、
次の瞬間にはそんなことすっかり忘れたように
晴れ渡った空を見せてくれます。
そういう、あっけらかんとした感じが、私は
たまらなく好きです。

2006年3月15日 (水)

paper on the tray

ファーストフードで、eat inするときに、
ハンバーガーなどを乗せるお盆。
お盆の上には、だいたい、薄い紙が1枚乗せてあります。
paper on the tray.

これは、本来はハンバーガー食べるときに
ケチャップとかがたれて、お盆を汚されちゃうと、
汚いし、いちいち洗わないといけなくて面倒なので、
そういうのを回避するのが目的ですね。

でも、多分マックが始まりだと思いますが、
最近は、広告の役割を果たすことが多いですよね。
ハッピーセットのおまけとか、キャンペーンの
情報とか。
一人で立ち寄ると、あれを読みながら寂しさを
まぎらせつつ、ハンバーガー食べたりしませんか?
#これは私だけ?

広告、というと、結構ストレートに、キャンペーンは
○日から!みたいなのがやっぱり一般的で、
寂しいときとかは逆にあれをみてるとなんだか
殺伐とした気分になることもあるんですが、
ときどき、ほっとするようなことをかいてある
お盆ペーパーに出会うこともあります。

そんなお店のひとつが、スープストック
行ったことありますか?
私は、スープ好きなので、家でも作り置きしておくことも
多いし、無性に食べたいときもあって、そういうときに
よく行きます。
特に寒かった今年の冬は、かなりお世話になりました。
休みの日はもちろん、仕事とかで殺伐とした気分に
なったときとかは、やっぱりスープが一番和みます。

で。
スープだけじゃなくて、お盆の紙も、かなりほっとするんです。
ひとつのスープに、ひとつの物語(エピソード)を
作ってる(引用している?)みたいなんですね。

たとえば、確か1月の新作だった、海老と玉子の淡雪スープ
には、
おてんばな女の子が、急に結婚を決めちゃって、
とある冬の雪の日に、白無垢着てお嫁に行っちゃう、という
エピソード。

イチゴのデザートスープ(名前忘れた)のときは、
バレンタインの予定もない、残業中のOLたちが、
大泣きすることでストレスを発散する話。

あるときは、スープの通信販売と絡めて、
いなかのお母さんにスープを送ってあげる、
みたいな話もありました。
このときは、スープのあったかさとごた混ぜになって、
なんだか泣きそうな気分になりました。

あれも、結局は、エピソードについているスープを
販売することが目的なんだけど、あのくらい粋な広告なら、
たまにはだまされてもいいかもしれない、と思います。

そろそろあったかくなってきて、スープを飲みたいことも
だんだん少なくなってきてると思いますが、なんだか
いらいらするようなことがあったら、スープストックは
どうでしょう。
ちょっと混んでてお昼は長居できないのが残念ですが、
和むにはピッタリです。

2006年3月14日 (火)

チョコレートファウンテン

3/14、ホワイトデー
男性の方は気になるあの子にお返しのキャンディーなど
贈ったりしてるんですかね。

1ヶ月前のバレンタインのときに、会社で話題になって
いたのですが、すっかり忘れて、早1ヶ月。

まずは、こちらの動画をごらんください。

滝のように流れている茶色い物体は、チョコレートです。
その流れるチョコレートの中に、果物を突っ込んで
召し上がる。

これが、チョコレートファウンテン、だそうです。

おそらく、味としては、チョコレートフォンデュと同等だと
思うんだけど、なんだかちょっと夢溢れる企画、じゃない?
チョコの噴水だなんて。
それはまるで、スペイン広場の噴水のよう。
アン王女にでもなった気分で、きっとデートには
最高でしょう。

東京でも、ヒルトンとかでやっているそうです。
冬だけの限定になってるところも多いみたいですが、
冬が終わる前に一度行ってみたいもんです。

でも、たとえデートであっても、家から出るのはめんどくさい!
という方もいらっしゃるでしょう。
そういう方には、こちら

チョコレートファウンテン用マシンが、販売やレンタルされて
いるようです。

これで、彼女を家に連れ込んでもばっちり!ですね(?)。

でも、見ている限り、チョコが飛び散ることは容易に
想像されます。
家でやるときは、汚れ対策をしっかりと。

2006年3月12日 (日)

Webドラマ

Biglobeが、ヒューマントラストや経済産業省と共同で、
Webドラマを期間限定で配信しています。

花粉が飛び交うこんな晴れた日曜の昼下がり、
4日間たちっぱなしが尾を引いて、体調も優れず、
家から外出する元気もないようなインドアウィークエンド
そんな日はこうやってVODでも楽しむに限ります。

ドラマは、15分ごとのお話が5本のオムニバス形式。
「世にも奇妙な物語」にあるようなちょっと幻想的で、象徴的、
間をうまく使ったものが中心ですね。

で、ひとつチャレンジ的な要素があるのが、
今回の作品は、4シナリオ5作品、なのですよ。
ってことは、同じシナリオの作品が、2つあるということ。
ほぼ同じ内容の脚本を、キャストやロケ地を変えて撮影
しています。
キャストの人のキャラクターは、おそらく故意に
対照的なものにしてあって、だから、全然違う印象の
お話になっています。

私は、「ひたち編」の、あの、象徴的で、幻想的な感じの
撮り方のほうがしっくり来ましたが、人によって感想は
激しく違うんじゃないかと思います。

5本あった中で、一番よかったのは、老夫婦の一味変わった
愛情を描いた、「イシノオト」ですね。
無声映画、という、一昔前の効果をうまく使っています。
なんとも叙情的で、ほろりと来ちゃう感じですね。

500kbpsなので、17インチワイド画面で、全画面表示だと、
微妙に画像は乱れますが、見れないほどではありません。
多分撮影するほうもそこのところは考えて、構図は分かり
やすくしてあります。

やることのない、暇な時間。
たまには掘り出し物VODなんていかがでしょう。

2006年3月11日 (土)

南極物語

南極に取り残されたハスキー犬、タロとジロ
感動ストーリーが、ディズニーでリメイクされる
みたいですね。

調べてみたら、南極物語の原作が日本で公開
されたのは、1983年のことだったんですね。
もう23年も前のこと。

私が、南極物語に出会ったのは、小学校のときのこと。
小学校のお昼の放送は、給食の時間に、通常は
音楽を流したり、作文を読んだり、そんなことを5分ほど
やるものでした。
どの小学校にもあったはずの、日常ののどかなイベント。
私は結構お昼の放送ファンで、それが高じて放送委員会まで
立候補してやっていた時期があるくらいです。

そんなお昼の放送で、時折、スペシャルなイベントが
行われることがありました。
音楽の代わりに、ビデオを流すのです。

おそらく、校舎が新しくなって、各教室にテレビが設置され、
そのテレビをいかに有効活用するか、という施策として
利用していたのではないかと思います。

ビデオというのは、運動会の映像とかそういった学校
ならではのものから、映画のビデオのときもあって、
そのビデオの1つに、南極物語も入っていたのです。

あのころの記憶がいまいち定かではないのですが、
校舎が新しくなって、しばらくしてから、体育館と
ランチルームが新設されてからは、給食はランチルームで
食べるようになりましたが、私が南極物語を見てたのは、
教室で給食を食べていたころのこと。
だから、南極物語との出会いは、小学校3年生くらいの
冬の時期だったと思います。

タダでさえ、好き嫌いが多くて、給食食べるのが遅かった私。
そこに追い討ちをかけるように南極物語は、私の目に
衝撃的に飛び込んできました。
給食を食べることなんてすっかり忘れて、タロとジロを
応援し、南極に犬たちを置き去りにした人間たちに
非難の言葉を浴びせていました。

今思えば、私が非難していたあの俳優は、高倉健だったの
ですね。
なんと失礼なことをしていたのでしょう。

でも、お昼の放送の時間はビデオ放映のため、若干
長くなっていたとしても、1日たった15分。
しかも、1週間のうち、3日くらいはビデオをやるのですが、
毎日特別バージョンというわけにもいかないようで、
2時間以上ある映画は、いっこうに終わる気配を見せません。

で。結局。
記憶が定かでないのでなんともいえないのですが、
最後まで見てない気がしてなりません。
ビデオが完結する前に、冬が終わってしまったような。

こんな感じで、南極物語のCMを見てたら、なんだか
異常になつかしくなってしまいました。
南極物語の味は、給食の味
今度こそ、最後まで見てみようかな。

2006年3月 9日 (木)

ポーション

今週は火曜から金曜まで、毎日1日の半分の時間を、
ビックリサイトで立ちっぱなし、という、体力的に
非常に厳しい日々を送ってます。

ゲームでは、こういうHP(ヒットポイント)の低下した
時には、魔法をかけるか薬を飲むと、一気に
体力が回復しますよね。

でも、最近、これはゲームの中だけじゃないんです。

というのも、FinalFantasyⅩⅡが3/16に発売するのを
記念して、ゲーマーには大変おなじみの、体力回復の
ための薬、ポーションが、先日発売されたのですよ。

知ってますよね?ポーション
モンスターにやられかけてるときにアイテムでこれを選択
すると、HPが50回復するという、あれですよ。
白魔道師のケアルより若干弱いくらいの効果ですが、
ゲームの序盤では結構必須アイテムですよね。

現実世界でも、立ちっぱなし3日目ともなると、
かなりHPの低下が激しくなってきます。
このままでは死んでしまう、と思って、ampm
立ち寄ると、命の液体、ポーションが現実に
そこにありました。

わらにもすがる思いで購入しました。
ポーション、200円
現実世界ではさすがにギルは使われませんね。

Portion

















で。
お味ですが、オロナミンCからシュワシュワを
とったような感じです。
オロナミンCだと、シュワシュワしてるので、
たくさんは飲めませんが、これなら一度に
たくさん飲めます。
まぁポーションだと、1つでHP50しか回復しないので、
ある程度のレベルの方は、複数本飲む必要が
ありますからね。
ちょっとマニア過ぎ??

あと、ポーションの成分(=正体)ですが、どうやら
果糖ブドウ糖液糖みたいです。
こういう専門用語が出てくると、一気にゲームの世界から
現実に引き戻されますね。

そう。オロナミンCで思い出しました。
うちのおばあちゃんは、栄養ドリンクが大好きです。
そして、みんなに栄養ドリンクを配ります。
おばあちゃんちに遊びに行くと、父親、母親には1本ずつ、
そして、私たち子供は、飲みすぎると体によくない(鼻血出る?)
ので、3人で1本、栄養ドリンクをくれたものです。

おばあちゃんが箱買いして、いつもストックしておいた
栄養ドリンクは、ポリタンD、という飲み物でした。
知ってます?ポリタンD
オロナミンCでもなく、リポビタンDでもなく、ポリタンD

最近は、おばあちゃんはポリタンDではなく、ユンケルなどを
愛飲しています。
ポリタンは、結構小さいころの思い出なので、もしかしたら、
リポビタンDの記憶違いだったんじゃないか、と最近は
ちょっと思ったりもしてました。

でも。
さっきぐぐったら、出てきたんですよ。
ポリタンD
れっきとした武田薬品の製品名じゃないですか!
長野にしかないドリンクかと思ったらそうでもないみたいで、
なんだかすごく安心しました。

ちなみに。
リポビタンDは、大正製薬なんですね。
両方とも大手の製薬会社の製品名で、こんなに
紛らわしい名前なのに、今までに名前で問題になったとか
ないんだろうか、とちょっと心配になりました。

とにかく。
ポーションポリタンD、元気のないときは
試してみることをお勧めします。

2006年3月 8日 (水)

マウストーク

私は、ソニースタイルをRSSで受信してしまうような
そうとうなソニー教(VAIO教)です。

でも、ソニスタの更新情報というのは、たとえば、
VAIOのType○が微妙にグレードアップ、みたいなのが
多くて、でもPCなんてそんなに頻繁に買えるわけも
なく、ぶっちゃけこの更新情報って、と思ったりしてました。

それが、今日届いた更新情報は、かなり斬新。

マウストーク

簡単に言うと、マウスを開くと電話になってSkypeがつながる、
というものです。

マウス電話
普段はまったく関係のないものを、ほぼ強引に結びつけた、
という、あまりソニーらしくもない、アイデア商品です。
もうそれは、おばあちゃんの知恵袋級。

でも、私がまだSkype始めてない理由のひとつは、
このためにヘッドセット買うのはちょっとめんどい、と
思っていた、というのもあるので、そういう人には
もってこいのソリューションだったりしないかなぁ。

とりあえず、このムービーをみると、かなり使ってみたい
気がしてきます。
半分、このお姉ちゃんの声がかなり萌え系である、
というのが原因の気がしますが。。。

でも、よーーーく考えると、Skypeの使い道がそもそも
思いつかないので、いらないんじゃないかと思い直す。

別にチャットでよくない?
わざわざ電話かけるのって、かなり強引な気がするし、
そこまでして話さなきゃいけないことがあるとも思えない。

私は、チャットのあのお気楽な感じを好んでいるので、
Skypeの導入はそうとう先になるかと思います。

どなたかSkype派の方がいたら、Skypeはどういう
シチュエーションで使ってるのか教えてください。

2006年3月 7日 (火)

R17

R25はもうみんな知ってますよね。
どの駅にもだいたいおいてある、面白フリーマガジンですね。

でも、うちの最寄り駅には、置いていません。
発刊当初はあったんですよ。
でも、いつからか置かなくなりましたね。
賃貸とか、仕事とか、リクルートのフリーペーパーは
今もいくつか置いてあるんですが、なぜかR25だけ
置いてありません。
おかげで、あそこの雑誌はまったくなくなることなく、
在庫だらけで、次の週になってしまっていることは明らかです。

でも、昨日の夜のこと。
そのフリーペーパーの棚がなんだか混みあっています。
いつもとは違う事態につい覗いてしまいました。

と。
置いてあったのは、R25・・・の半分くらいの厚さの、
まったくデザインのおんなじ・・・

R17!!!!

どうやら、高校生の卒業記念雑誌みたいです。
だから、R17。
にゃるほどー。

と、いうわけで、R25と中身を比べてみましょー。

<RANKING×REVIEWのコーナー>
R25だと、自民党vs民主党のような政治問題や
確定申告の話、あとは、ちょっぴり秋葉系の話題
など、やっぱりオトナ向け、現実味溢れる話題。

それがR17になると、
18歳の法律、大学の授業、世界の高校生のブーム、
ホワイトデー
などなど、青春真っ盛り、夢溢れる話題
盛りだくさんです。

<ロング・インタビュー>
R25だと、「突き抜けた瞬間」というサブタイトルの元、
いまやダンディなおじさまに成長された俳優さんや
歌手の皆さんの、25歳当時を振り返るインタビュー
ですよね。

それが、R17になると、
石原さとみオリエンタルラジオサンボマスター
から、うちの看板娘の相武紗季ちゃんまで、
おまえまだまだ人生振り返るような年でもないだろ、という
方たちが、生意気にも、18歳のみんなにメッセージを
送っています。

比べると、結構面白い。
なんとまぁ生意気なことを。と思うところは結構ありますが、
それはそれで、ちょっぴりくすぐったい気分です。

そして今日の朝。
駅のエスカレーターを上ろうとした私の目に入ってきたのは、
駅の近くにある、とある私立女子高の生徒さんの制服姿。

・・・やっと分かりました。
R25はおかない主義のうちの駅にR17は置いてあった理由。
近くの高校3年生に読んでいただくためだったのですね。

ただ。
私がR17を持って帰ったのは、夜中の10:30。
あの時間には、まだ結構たくさんあって、みんななぜか
5冊くらいづつ持って帰っていきました。

それが、今日の朝には、もうすっからかん
多分、夜中に、がめつい大人たちに、全部持っていかれた
のだと思われます。
本来のターゲットである、高校3年生には、おそらくほとんど
いきわたってないと思います。

・・・なんだか複雑な気分。

で。
中吊り広告情報によると、どうやら、R22もあるみたい
なんですよ!!
この感じだと、多分大学がある駅には置いてある気がします。
うちの駅の近くには大学はないので、まだ発見していません。

誰か!
見つけたら、読んで多少ぼろぼろになっていてもいいから、
私に恵んでください!
ジュースの一本くらいでお礼はさせていただきますんで!

2006年3月 5日 (日)

ワンタイムパスワード

少し古い話になりますが、今日暇つぶしに古いR25
読んでいたら記事になっていたので、今日はこいつを
とりあげようかと。

三井住友銀行のオンラインバンキングで、
ワンタイムパスワードが導入された
ようで。

記事によると、世界の大きな銀行はだいたいワンタイム
パスワードやってるから、きっと流行るでしょう、と。

仕組みとしては、パソコンを持ち出せた古きよき時代に、
RASで利用していたRADIUS認証のワンタイムパスワードと
ほぼ同じもの、と私は理解していますが、合っています
でしょうか。

まぁ理論的には、固定パスワードよりワンタイムパスワード、
悪くはないですよ。

ただ、ワンタイムパスワードのときにいつも気になるのが、
ハードトークンですね。
RASのときは、Safewordを使ってましたが、いつなくすか
いつも冷や冷やでした。
中途半端なあの薄さが、ちょっと持ちにくいんですよねー。

今回は、多少キーホルダー形になったとはいえ、やっぱり
なくすかも、という心配はなかなか。
やっぱりハードトークンって、それしか使い道がないから、
ちょっと面倒見切れないというか。

一番いいのは、携帯か何かに仕込んでおくというのが
いいんじゃないかと思ってるんですが、携帯を製造している
メーカーさんたち1つ1つに協力をお願いする、というのは
不可能に近い話だから、まだまだ、時間がかかりそうですね。

時々、Web画面でワンタイムパスワード生成して、入力、
とかあるので、あれが突破口だと思ってたりするんですが。
#白々しい?

三井住友は、月額105円という超低価格で普及を
もくろんでいるようなので、どちらにしろ、この使いにくい
代物を、どういう人たちがどのくらい使うようになるか、
というのは、見守って行きたいところではあります。

どちらにしろ、私SMBCのユーザではないので、
かなり他人事ですが。。。

2006年3月 3日 (金)

NUDA

ヨーロッパのほうでは、Agua(=Water)といったら、
炭酸水。
だから、いつもの水、いわゆるミネラルウォーターが
ほしいときは、Agua sin gas(=without gas)
といわないといけませんよ。

と、イスパニア語の先生に教わったのは、大学2年くらい
のときだったでしょうか。

そう。
日本では、炭酸水なんて邪道。
水といえば、何の抵抗もなく飲める、炭酸なしの
お水でした。

でも、昨日打ち合わせに行ったときのこと。
みんなが飲んでいるものを見たときに、日本にも
Agua con gas(=with gas)の波が押し寄せて
いることを感じました。

そう。
日本産(?)の炭酸水が発売されましたね。
キリンのNUDA

ナイナイの岡村と梨花が激しく踊ってる、あの
CMですね。

昨日の打ち合わせのあと、早速購入しましたよ。
でも、飲んだのは今日の朝のことですね。

朝一で飲んだそのお水は、たいそうスパークリングでした。
スパークリングワインは結構好きですが、
朝一であのスパークは激しすぎます。

そして、水だといわれれば当たり前かもしれませんが、
飲む前は、もう少し三ツ矢サイダー風かと思ってました。
でも、やっぱり水だから、味があんまりないんですね。
あんまりっていうか、ゼロですね。
日本の伝統三ツ矢サイダーに慣れてしまった私たちには、
ちょっと物足りないというか。

でも、飲みきれなくて、お昼までかかって少しづつ
飲んでいると、ちょっとづつ暖かくなってくるのと、
炭酸もだんだん弱くなってくるのがあいまって、
最後のほうは比較的まろやかなお味でしたね。

そんなこんなで、初めての炭酸水は、非常に刺激的で、
斬新な経験でした。

ただ、あれを毎日飲むのはさすがに刺激的すぎです。
日本でも、Aguaといえば炭酸水、になるのは、
まだまだ、先の話の予感です。

Merry Andrew

Merry Andrew Music Merry Andrew

アーティスト:安藤裕子
販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2006/01/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆じらぴっぽ☆(お休みに入られて、進化したみたい)から
ご紹介をうけました。

アルバム以前は、日立の携帯のCMの曲のことしか
知らなくて、あのときは、この人はモデルさんで、
歌はユーミンだとばかり理解していました。
なんと恥ずかしいことでしょう。

あの曲は確かにユーミンに声がそっくりな気がしたのですが、
アルバム聞いてると、全曲がユーミンではないのですね。
曲によって全然印象が違うところがこの人の面白みでは
ないでしょうか。

ここで、好きな曲について、アルバムの中からお話とか
すべきなんでしょうが、私何しろシャッフルな方なので、
曲名がいまいち分かってません。

ただひとつ、まちがいなくすばらしいのは、
アルバム最後の曲、「のうぜんかつら(リプライズ)」ですね。
なんのこっちゃ、と思う方は、月桂冠のCMを見れば
分かります。
この曲、安藤裕子だったんですね。
しかも、このCM自体はすごくほんわかした幸せを描いているのに、
この曲はなんともさみしい曲だったのですね。

ってかこのCMの永作博美のこの顔。
Tuki78









かわいらしすぎる。
私も、こういうオトナになりたいもんです。
既に無理ですが。

2006年3月 2日 (木)

ちゃんこ

本当は、あんこう鍋に行く予定でした。
でも、もんじゃの聖地にあるというその鮟鱇鍋屋さん
私から見るとなんと邪道なところにたっているのでしょうと
思うのですが、なぜかすごく人気があるらしく、3月の
半ばまで予約でいっぱいだそうな。

でも、一度鍋の話が出たときに、予約でいっぱいだったとしても、
そんな簡単にあきらめられるもんじゃありません。
もう3月です。
はやくしないと鍋の季節が終了します。

もう何でもいいから鍋を出せ、という叫びに、渋い店マニア
紹介してくれたのは、新宿の力士料理屋さん
いわゆるちゃんこ鍋屋さんですね。

今日は、年度末月初め、ということで、あんこう以外に興味のない
レアキャラがどんどんとギブした挙句、マニアのほかに、いつもの
こんなメンバーに収束。

でも、こんなんじゃ刺激が足りない、という私の心の叫びを
「こんな」が聞きつけ、うちのセレブおねいさんをつれてきて
くれました。
「こんな」から「このような」くらいには昇格かしら。

で。
正確に言うと、ここはちゃんこ鍋屋さんではないのですね。
力士料理(=ちゃんこ)屋さんなのですね。
要は、元力士の大将が作ればなんでもいいのですよ。
なので、鍋以外にも意外に隠れメニューが豊富なのですよ。

一番すばらしいのは、スペア焼きですね。

Dsc00439














スペア、というのはいわゆるスペアリブのところ、らしいです。
(渋店マニア談)
やわらかくてじゅわっとお肉のお味が染み出てきてワンダフル。
(セレブ風?)

もちろん、鍋もうまかったですが、スープがかなりお味噌汁
でしたね。
雑炊は完璧にご飯にお味噌汁をかけたもの(○○まんま)の
味がしました。

まぁ、今日は、セレブおねいさんのプライベートに密着、な
感じのお話がたくさん聞けて楽しかったです。

そして、先ほどニュース速報が入りました。
私とセレブは力士料理屋さんを出てそのまままっすぐ
帰ったのですが、その後、男性チームはひどい目にあった
ようです。

どうやら、渋店マニア君が飲みすぎた挙句、残りの2人を
引っ張りまわして、さらに、なんだか暴行沙汰になったようで。

なんだか、最近渋店マニア君が、うちの部の新たな台風の
目になりそうな感じがして仕方ありません・・・
嵐が去ってまた一難・・・

無料ブログはココログ

ribbon

twitter

Booklog

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31